2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■美濃崩し180

< | No.0095 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 美濃崩し180

zoom
屋敷伸之の忍者将棋
美濃崩し180
[総合評価] S

難易度:★★★☆

見開き2問(図面4枚)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
中級〜有段向け

【著 者】 金子タカシ 【監 修】 屋敷伸之
【出版社】 高橋書店
発行:1993年11月 ISBN:4-471-13142-7
定価:1,000円 207ページ/19cm


【本の内容】
Chapter1 美濃崩し 部分テクニック 164p 162問
Chapter2 美濃崩し トドメのテクニック 10p 8問
Chapter3 美濃崩し 定跡テクニック 16p 7問
Chapter4 美濃崩し 実戦テクニック 11p 3問

※Chapter1:片美濃52問、平美濃52問、高美濃30問、銀冠16問、木村美濃8問、金美濃4問
※Chapter2:「一段飛車+▲6ニ銀」の状態から、渡していい駒・悪い駒を判断して寄せる問題。
※Chapter3:対四間飛車急戦定跡のうち、詰みまで研究されているものが紹介されている。
※Chapter4:屋敷六段(当時)の実戦譜が題材。総譜付き。


【レビュー】
美濃囲いを攻略する問題を集めた本。

姉妹書の『寄せの手筋168』では必至か詰めの問題だったが、本書ではとにかく最も速い攻めを問う。基本的な「一段飛車+▲6ニ銀」から複雑な攻めまで取り上げられているが、どれも実戦に頻出の場面。覚えてしまうつもりで何度も解けば、終盤力はかなりアップすると思う。

とても良い本だが、入手するのが難しい。よく似た内容の『光速の寄せ1』で代用しても良いと思う。(2002Sep14)



【関連書籍】

[ジャンル] 
手筋(寄せ)
[シリーズ] 
屋敷伸之の速攻将棋
[著者] 
金子タカシ
[発行年] 
1993年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 美濃崩し180


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved