2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■7手詰将棋

< | No.0881 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 7手詰将棋
7手詰将棋
zoom
将棋パワーアップシリーズ
7手詰将棋
[総合評価] A

難易度:★★☆
 〜★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:A
解説:B
中級〜向き

【著 者】 高橋道雄
【出版社】 創元社
発行:2010年10月 ISBN:978-4-422-75125-2
定価:1,050円(5%税込) 208ページ/18cm


【本の内容】
・7手詰=202問
※以下は囲いの分類。(囲いが崩れた形を含みます)
 矢倉=29問(第1問〜第29問)
 美濃囲い=31問(第30問〜第60問)
 木村美濃=1問(第61問)
 舟囲い=18問(第62問〜第79問)
 銀冠=17問(第80問〜第96問)
 居飛車穴熊=9問(第97問〜第105問)
 居玉、中住まい、など超急戦や横歩取りで現れる形=13問(第106問〜第118問)
 いちご囲い=7問(第119問〜第125問)
 中原囲い=7問(第126問〜第132問)
 雁木=8問(第133問〜第140問)
 カニ囲い=9問(第141問〜第149問)
 金無双=10問(第150問〜第159問)
 振飛車早囲い=12問(第160問〜第171問)
 右玉=6問(第172問〜第177問)
 かなり崩れた居飛車の囲い=45問(第178問〜第202問)

◆内容紹介
同シリーズ『
5手詰将棋』の読者からの強い要望により第2弾が登場。「実戦の終盤戦を指しているような気分で詰将棋を楽しめる」がテーマのオール7手詰め202問。配置してある玉の位置も実戦と同じように盤面の右上にあったり、左上や真ん中にあったりと、囲いの名残りを残していて、臨場感たっぷりの構成。思わず解いてみたくなる実戦形の問題がそろっている。7手詰め集としてこれまでにはない珠玉の問題集。


【レビュー】
7手詰オンリーの詰将棋問題集。

本当の実戦形」で、5手詰オンリーで好評だった『5手詰将棋』(高橋道雄,創元社,2009)からほぼ一年。今度は7手詰オンリーの詰将棋問題集である。

前作と同様、大部分の問題が実戦で現れる囲い(または囲いが崩れたもの)であり、易しく実戦的な詰め手順が多く含まれている。配置も非常に実戦的で、囲いの原型が分かるものが多い。そして、やはり必ず一つは捨て駒や好手の類が含まれ、実戦的に質駒を取って詰める問題もある。また、5手詰ではどうしても表現しきれないような手順も出てくるので、前作を解いた人も新鮮な気持ちで取り組めるだろう。

なお、「非常に実戦的」とはいっても「詰将棋」なので、駒余りになる問題はない。(解いてみて駒余りになった場合は、玉方の最善手順ではないということ)

登場する囲いの比率は下図の通り。『5手詰将棋』と並べて比較してみた。

『5手詰将棋』と『7手詰将棋』の比較

大きな違いは、
 ・矢倉の問題数が大幅up
 ・いちご囲い、中原囲いが登場(一手損角換わりの流行、横歩取り8五飛戦法の復活が影響?)
 ・木村美濃の問題数が大幅down

といったところ。「その他」(囲いがかなり崩れて原形が分からない形)が大幅downしていることもあり、「囲いを意識した詰将棋本」の色がさらに強まっているといえる。

レイアウト上の裏透け対策もバッチリ。あえて難を挙げるなら、見開き2問になっているため、上段の問題の解答を見るときに、下段の解答も見えるおそれがあることくらい。(この点は、山海堂(すでに倒産)の「MAN TO MAN BOOKS」シリーズが秀でていた)

個人的に難しかったのは、第19問、第50問、第53問、第57問、第125問、第191問。その他の問題は比較的サクサク解けたが、どの問題もそれなりに歯ごたえがあった。おいしい料理というのはこういうものだろうか。

前作のコンセプトはそっくりそのままで、質・量・構成ともにまったく期待を裏切らない、「さすが」といえる出来である。作品・パズルとしての詰将棋としては物足りなさがあるが、実戦での詰め力を普段のトレーニングで磨いておくには絶品の一冊といえるだろう。(2010Nov04)



【関連書籍】
 『
5手詰将棋
[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
パワーアップシリーズ
[著者] 
高橋道雄
[発行年] 
2010年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 7手詰将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved