2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦手筋 次の一手

< | No.0688 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦手筋 次の一手
実戦手筋・次の一手
zoom
パワーアップシリーズ
実戦手筋 次の一手
[総合評価] B

難易度:★★☆
    〜★★★

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:A
解説:B
中級〜上級向き

【著 者】 深浦康市
【出版社】 創元社
発行:2007年11月 ISBN:978-4-422-75121-4
定価:1,050円(5%税込) 206ページ/18cm


【本の内容】
・次の一手問題=101問

◆内容紹介
あなたは本当に手筋を使いこなしていますか? 垂れ歩や継ぎ歩などという言葉を知っているだけではダメ。実戦で、ここぞというときにしっかり使えることが大切。そのためには問題を数多く解いて身につけることです。本書は相居飛車、振り飛車に分類し、さらに序盤、中盤、終盤に分けて出題しているのでいろんな状況が学べます。実戦形式なので覚えて損のない手筋が満載。勝率アップ間違いなしの手筋有段者になりましょう。全101問題。


【レビュー】
次の一手問題集。

全101問は、すべて全体図を用いた実戦形式になっている。ただし、特に前半は実戦というより、定跡の序盤から仕掛けの手筋を切り取ったものが多い。後半は中盤戦・終盤戦を扱った問題も登場し、実戦ぽくなっている。

基本的に易しい問題が多く、級位者向け。問題の難易度も比較的均一で、これから初段を目指そうというレベルの人にはちょうど良い。

ヒントと状況説明は問題図の下段に、約70文字程度で書かれている。解説はまずまずの量で分かりやすく書かれているが、もう少し続きの解説がほしいなというところで、スペースの都合で切られるようなものが結構あった。

裏透け対策は意識して行われており、解答の指し手の裏側は黒ベタで塗られていて完璧だった。

本書はMYCOM系問題集よりもちょっと良いくらいの感じだ。ちょっと前に紹介した『手筋の力 初級編』のタイトルは、むしろ本書の方がふさわしいと思う。しかし、もう少し頑張ればかなりいい本になったのでは?同じ深浦の(監修だが…)『フィードバック方式 定跡次の一手』が結構良かっただけに、ちょっと惜しいと思う。(2008Feb29)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
パワーアップシリーズ(創元社)
[著者] 
深浦康市
[発行年] 
2007年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦手筋 次の一手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved