2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■急戦左美濃戦法

< | No.0114 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 急戦左美濃戦法

zoom
初段に挑戦する将棋シリーズ(19)
急戦左美濃戦法
振り飛車破りの切り札
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
初級〜上級向き

【著 者】 田丸昇
【出版社】 創元社
発行:1988年4月 ISBN:4-422-75069-0
定価:850円 190ページ/18cm


【本の内容】
入門編 左美濃の組み方   8p
第1章 左美濃三大作戦 ナナメ棒銀 30p
▲4五歩早仕掛け型 24p
右四間飛車 21p
第2章 戦法別振飛車対策 対積極中飛車 12p
対石田流三間飛車 16p
対急戦向飛車 14p
対四間穴熊 17p
第3章 実戦次の一手30問   40p

他に左美濃コラム4本あり。

◆内容紹介
左美濃は、あらゆる振り飛車に対してオールマイティで、高い勝率を誇る戦法だ。わかりやすい攻め方で、しかも守りが堅い。急戦好きの人、攻め好きで終盤に自信のある人、初段をめざす人にもってこいである。


【レビュー】
左美濃急戦の入門定跡書。

左美濃のいろいろな急戦策を分かりやすく解説してある。特に早仕掛け型は通常の舟囲い早仕掛けよりも後の展開が明快だ。仕掛けが単純なのでプロではあまり見かけないが、かなり有力だと思う。

注意すべきは、すべて▲左美濃だということ。左美濃急戦は、飛車側の仕掛けはあまり先後の影響を受けないが、玉頭からの反撃が一手違ってくるので、後手番では成立しにくい。その辺については記述がないので、ある程度棋力が上がったら他書で補うべし。

左美濃急戦といえば「左美濃伝説」があるが、ちょっと難しい本だ。級位者が得意戦法として左美濃急戦を覚えるなら、本書から始めることを薦めたい。

本書は“初段に挑戦するシリーズ”の中ではかなり良い部類に入ると思う。(2002Nov11)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車vs持久戦系
[シリーズ] 
初段に挑戦する将棋シリーズ
[著者] 
田丸昇
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 急戦左美濃戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved