2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■寄せの妙手

< | No.0465 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 寄せの妙手
寄せの妙手
zoom
初段に挑戦するシリーズ(4)
寄せの妙手
逆転の可能性を探る
[総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き3〜7枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 勝浦修
【出版社】 創元社
発行:1981年10月 ISBN:4-422-75054-2
定価:850円(初版680円) 222ページ/18cm


【本の内容】
第1章 寄せの模範例 王手はかけるな/寄せの模範例(1)〜(4) 28p
第2章 寄せの基本手筋 ・手筋を使いこなすには
(第1型)基本手筋/実戦例(1)〜(3)
(第2型)美濃囲いをくずす/実戦例(4)
(第3型)送りの手筋/実戦例(5)
60p
第3章 攻め合い ・最も難しい技術
(第4型)玉に迫る寄せ/実戦例(1)
(第5型)手をかせぐ/実戦例(2)
(第6型)形をくずす/実戦例(3)
44p
第4章 寄せは俗手で ・やさしく寄せてみせるのがプロの技
(第7型)数で押す攻め/実戦例(1)
(第8型)上部から圧迫する寄せ/実戦例(2)
(第9型)開き王手/実戦例(3)
42p
第5章 終盤の妙手 ・鬼手妙手も基本技から
(第10型)鬼手のいろいろ/実戦例(1)〜(4)
42p

◆内容紹介(表紙より)
勝負ごとは負けてばかりいては面白くない。一対一で戦う将棋は特にそうである。では将棋に勝つにはどうすればよいか?それは終盤に強くなることである。野球だったら一回に十点や十五点入ることはまずないが、将棋にはそれがある。


【レビュー】
寄せ・終盤の技術解説書。

本書では、二手スキくらいの局面から寄り形に持っていくまでの基本技術がメイン。詰み(ゼロ手スキ)や必至(受けのない一手スキ)を扱った棋書はたくさんあるが、二手スキ以上を易しく解説した棋書は案外少ない。

第1章の冒頭で「寄せの心得・十か条」をまず掲げる。第2章以降は、まず部分図で基本手筋を解説した後、実戦例に移る。実戦例はすべてプロの実戦なのでなかなか難しいが、基本手筋がうまく使われているのを確認しながら読み進めるとよい。

なお、サブタイトルに「逆転の可能性を探る」とあるが、逆転狙いの話はあまりない。

「初段に挑戦するシリーズ」としてはやや難しめだが、それでも難しい分野をできるだけ噛み砕いて解説されていると思う。「寄せの基本手筋は知ってるけど、実戦での寄せがなかなか上手くいかない…」と悩む方は一度読んでみるといい。

分量があまり多くないのでBとしたが、甘いAでもよかったか?(2005Mar23)



【関連書籍】

[ジャンル] 
寄せの手筋
[シリーズ] 
初段に挑戦する将棋シリーズ
[著者] 
勝浦修
[発行年] 
1981年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 寄せの妙手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved