2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■歩の徹底活用術

< | No.0006 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 歩の徹底活用術

zoom
駒別スーパー手筋講座(1)
歩の徹底活用術
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
初級〜上級向き

【著 者】 小林健二
【出版社】 創元社
発行:2000年7月 ISBN:4-422-75033-X
定価:1,000円 206ページ/19cm


【本の内容】
・攻めの手筋の解説=86p
・受けの手筋の解説=75p
・次の一手問題=40問

◆内容紹介
将棋が強い人ほど歩にこだわり上手に使う。「一歩千金」のたとえどおり歩の持つ力は侮りがたく、歩の使い方が勝敗を左右すると言っても過言ではないだろう。攻めの歩と受けの歩の手筋を徹底的に解説する。


【レビュー】
歩の手筋を解説した本。「徹底活用術」シリーズの第1巻。

歩は動きが1つしかなく、もっとも安い駒。しかし数は一番多く、一局の中で動かす機会も一番多い。初級と上級・有段者の違いは歩の使い方にあると言っても過言ではない。逆にいえば、歩を上手く使えるようになれば棋力は飛躍的に向上するし、将棋の面白みも増す。本書では、そのような「歩」を上手く使えるように、平易で丁寧な解説をしている。

構成は前半が攻めの手筋、後半が受けの手筋。それぞれ解説と練習問題のセットになっている。見開き完結型の解説なので、非常に読みやすい。ただ、歩の使い方で名前をつけて分類しているわけではないので、実戦で意識に上りにくいかもしれない。

全体的に見て良書、ではある。ただ、個人的には『歩の玉手箱』(桐谷広人,MYCOM,1995/2003)の方がオススメ。(2002,2005Aug20改訂)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒の手筋
[シリーズ] 
駒別スーパー手筋講座
[著者] 
小林健二
[発行年] 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 歩の徹底活用術


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved