2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■これだけできれば将棋初段

< | No.0962 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > これだけできれば将棋初段
これだけできれば将棋初段
zoom

新装版
これだけできれば将棋初段
(初段・1級の問題)
[総合評価] B

難易度:★★★
   〜★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
中級〜上級向き

【監 修】 田中寅彦
【出版社】 成美堂出版
発行:1992年8月 ISBN:4-415-04646-0
定価:980円 415ページ/16cm


【本の内容】
序盤 48問 98p
中盤 48問 98p
終盤 48問 98p
詰将棋 52問 106p

◆内容紹介
将棋を覚えた人は、もっと強くなりたいと思うもの、そして自分より強い人と指し、本で定跡を身につけるのが上達の早道です。本書では次の一手として序盤48問、中盤48問、終盤48問、詰将棋52問を収めました。楽しみながら強くなる本。


【レビュー】
次の一手問題集。タイトルどおり、初段前後向けの実力養成用。

レイアウトは見開き一問一答、ヒントは50字程度、解説は図面2枚で150字程度、標準的な詳しさ。これは姉妹書の『これだけできれば将棋五級』や『これだけできれば将棋二級』と同じ。

第1章は序盤の問題。序盤のチャンスを逃さない問題が多いが、角換わり棒銀の受けや原始中飛車の受けなど、姉妹書に比べると「受けのカウンター技」が多く出てくる。初段を目指すには、ある程度受けの力も必要だということだろうか。

第2章は中盤の問題。定跡の一局面や実戦図から、形勢を優勢に導くような手が問われている。狙うのは主に駒得。本章の難易度は『〜将棋二級』とあまり変わらない感じ。

第3章は終盤の問題。実戦必至、凌ぎ、穴熊崩し、詰めろ逃れの詰めろ、逆王手、入玉、実戦即詰みなど。特別に難しい問題はないが、平均5〜9手くらいはキッチリ読みきる必要がある問題が多い。

第4章は詰将棋。5手詰=6問、7手詰=11問、9手詰=20問、11手詰=9問、13手詰=5問、15手詰=1問となっている。『〜将棋二級』よりも難易度が高く、打歩詰め回避、邪魔駒消去、駒の打ち替え、合駒限定など、超短手数では登場しなかった手筋もときどき出てくる。初段で11手詰以上は大変かもしれないが、ヒントに従えば何とかなるので、全52問の半分以上はクリアしたいところ。

巻末には「棋力の自己判定表」があり、5級以下から二段までを自己判定できる。時間設定は『〜将棋二級』と同様で、「前半96問で500分」「後半100問で600分」という制限時間が設定され、制限時間「以内」か「超過」かで棋力判定が少し変わってくる。通算時間が必要なので、取り組んだ時間をだいたいでいいから覚えておこう。ほぼ7割正解できれば二段、3〜4割以下なら5級以下になる。

全体的な難易度は『〜将棋二級』とあまり変わらず、詰将棋だけ少し難しいくらいだった。『〜将棋二級』がちょうど良かった人は、本書も併せてどうぞ。(2011Nov02)

※誤植・誤字等:
p46 ×「正解手の衝激」 ○「正解手の衝撃」 ※『絶対衝激』というコミック、アニメがあるが、通常は「衝激」は誤用。
p65 ×「末完成のうちに」 ○「未完成のうちに」



【関連書籍】
 『
これだけできれば将棋五級
 『
これだけできれば将棋二級
[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
[著者] 
田中寅彦
[発行年] 
1992年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > これだけできれば将棋初段


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved