2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■早指し将棋の指し方

< | No.0659 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 早指し将棋の指し方
早指し将棋の指し方
zoom
早指し将棋の指し方 [総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 淡路仁茂
【出版社】 成美堂出版
発行:1980年11月 ISBN:4-415-04619-3
2376-10190-3838
定価:500円 190ページ/16cm


【本の内容】
第1章 急戦石田流 相手の応手を察知せよ/石田流がちょっと困る手/
△7二金には持久戦で/新趣向▲7七銀型/▲7六銀型石田流
50p
第2章 急戦筋違い角 右筋違い角/左筋違い角/急変筋違い角/急変右筋違い角 74p
第3章 袖飛車戦法 敵玉頭を攻める戦法/後手反撃型/▲7八金型袖飛車/持久戦袖飛車 60p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
将棋、こんなにおもしろいものはない、勝てばいっそうおもしろいものだと思います。が、いつまでも楽しみはつづかないもので、必ず自分よりも強い相手が現れて、敗局の辛さを味わわされます。(中略)敗ければ、なにくそ!の気が湧いてきましょう。湧いてくる人は答を求めます。そういう、これから強くなりたい人のために、すぐ応用の利く戦法を本書に紹介しました。
急戦石田流、筋違い角、袖飛車と早指し戦法をとりあげたのは、ここが上達の入口で、本書の全てをマスターすれば、有段も夢でなくなるからに他なりません。


【レビュー】
3種類の奇襲戦法の解説書。

タイトルを見たときは、「持ち時間が多いときと早指しとでは読みのまとめ方が違うから、このように指すべし」という内容だと思っていた。でも実際に読んでみたら、「早指しでは奇襲が有効ですよ、こっちだけ研究してれば相手は対応できないでしょうから」というスタンスで、奇襲戦法の解説が普通にされていた。

第1章は急戦石田流。早石田ではなく、升田式石田流の方。「急戦」と言っておきながら後半は持久戦調になっている。

第2章は筋違い角。メインは3手目角交換からの筋違い角で、一部は角換わり筋違い角もある。角を右に引いて(4七〜3八のライン)敵の飛車先逆襲を狙う「右筋違い角」と、角を左に引いて(6七〜7八のライン)棒銀とのミックスで飛車先突破を狙う「左筋違い角」に分けられている。

第3章は袖飛車。序盤は振り飛車風に展開し、△3二玉と囲ったところで▲3六歩から玉頭を逆襲する奇襲。

解説は級位者向けに書かれていて、1〜2手ごとに1ページ使っていて丁寧。ただ、190pの割には内容は薄めに感じた。というか「どの変化も一度見たことがある」という既視感があった。各戦法とも、もう少し詳しく書かれた本があり、それを先に読んでいたからかもしれない。(2007Sep20)



【関連書籍】

[ジャンル] 
奇襲・超急戦
[シリーズ] 
[著者] 
淡路仁茂
[発行年] 
1980年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 早指し将棋の指し方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved