2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新・米長の次の一手

< | No.0837 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新・米長の次の一手
新・米長の次の一手
zoom
米長上達シリーズ(3)
新・米長の次の一手
[総合評価] C

難易度:★★☆
〜★★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:
解説:A
中級〜高段向き

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 昭文社
発行:1988年1月 ISBN:4-398-23503-5
定価:550円 158ページ/15cm


【本の内容】
第1章 矢倉編(32問題)
第2章 居飛車編(20問題)
第3章 振飛車編(22問題)

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
本書は昭和55年から62年前半までの私の実戦の勝局から、妙手・好手を選び出し、中級以下の方にも解けるようにヒントを加えて出題したものです。


【レビュー】
判定棋力の割合実戦次の一手問題集。

本書の問題は、1980年〜1987年の米長の実戦から出題されている。このころは米長の全盛期ともいえる時期で、十段・王将・棋聖・棋王をあわせて14期獲得。一時は四冠王にもなっている。

各問には制限時間と棋力判定が設定されている。基本的に制限時間は各5分(第2問だけ10分)。判定棋力は5級から六段までさまざま。右図は問題の割合を円グラフにしたもので、初段〜三段の問題が大半を占めている。

基本的には前シリーズ(棋王米長の将棋教室)の『実戦居飛車次の一手』(米長邦雄,昭文社,1978)などと同様の構成。問題図の説明が100字程度で書かれているが、アマ高段者は文章を見ないことで難易度の調節が可能。最善手ではなく、勝負手を問う問題もあるが、それはヒントにちゃんと書かれている。

問題数があまり多くないことと、対象棋力が絞られていないことからCとしたが、解説はかなり詳しくて結構良い。「米長の将棋」シリーズで見かけた将棋も時々あったので、この当時の実戦集などを並べてから挑戦すると、さらに効果が上がると思う。(2010May11)

※誤植・誤字
p48解答図 △8一飛がない
p58 ×「後手は歩切れないので」 ○「後手は歩切れなので」
p60 ×「▲8六歩△同飛▲8七歩△同成銀…」 ○「▲8五歩△同飛▲8六歩△同飛▲8七歩△同成銀…」



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集(実力養成系)
[シリーズ] 
米長上達シリーズ
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1988年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新・米長の次の一手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved