2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋必死集

< | No.0082 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋必死集
スラスラ勝てる将棋必死集
将棋タウンさんthx!
MAN TO MAN BOOKS
スラスラ勝てる 将棋必死集
[総合評価] C

難易度:★★☆

見開き2問(図面4枚)
内容:(質)A(量)A
解説:C
中級〜上級向き

【著 者】 前田祐司
【出版社】 山海堂
発行:1980年1月 ISBN:4-381-00600-3
定価:650円 200ページ/18cm

zoom
マンツーマン・ブックス
中級者向
将棋必死集
[総合評価] C

難易度:★★☆

見開き2問(図面4枚)
内容:(質)A(量)A
解説:C
中級〜上級向き

【著 者】 前田祐司
【出版社】 山海堂
発行:1994年2月 ISBN:4-381-07119-0
定価:874円 200ページ/18cm


【本の内容】
1. トレーニング編 100問
2. アタック編 100問

◆内容紹介(「BOOK」データベースより)
本書は、まずトレーニング編で必死とシバリの形を研究し、その応用編とも言うべきアタック編で実力にみがきをかけてもらう様、各100問ずつ計200問から構成されています。

◆内容紹介(「MARC」データベースより)
必死とシバリの形を研究するトレーニング編と応用のアタック編、各100問ずつの問答形式。王手連続の勝ちだけでなく、必死やシバリの勝ちも覚えよう。将棋で確実に勝利をものにする妙手、好手を学べ。


【レビュー】
必至問題集。100問解いたら本をひっくり返して次の100問に進むスタイル。

トレーニング編は、部分図の問題で、実戦形のありそうな形がほとんど。

アタック編は全体図の問題で、自玉には受けにくい二手スキがかかっている状態から相手玉に必至をかける問題。といっても、"詰めろ逃れの詰めろ"のような妙手を探す必要は無く、自玉の危険度を確認してから相手玉を攻める要領で十分だ。

全体的に良問ぞろいだが、解説が淡白すぎて、必至問題に慣れていない人にはちょっとつらいときがある。また、"必至のルール"も記述ナシ。他の必至問題集を解いたことのある人ならオススメできる。(2002Aug10)



【関連書籍】

[ジャンル] 
必至問題集
[シリーズ] マンツーマンブックス
[著者] 
前田祐司
[発行年] 
1980年 1994年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋必死集


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved