2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋手筋集(1)

< | No.0518 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋手筋集(1)
スラスラ解ける 将棋手筋集(1) MAN TO MAN BOOKS
スラスラ解ける 将棋手筋集(1)
[総合評価] B

難易度:★★
 〜★★★

見開き2問(天地逆)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
初級〜中級向き

【著 者】 勝浦修
【出版社】 山海堂
発行:1978年7月 ISBN:4-381-00606-2
定価:874円 200ページ/18cm
(新装版)

zoom
MAN TO MAN BOOKS
将棋手筋集(1)
[総合評価] B

難易度:★★
 〜★★★

見開き2問(天地逆)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
初級〜中級向き

【著 者】 勝浦修
【出版社】 山海堂
発行:1994年2月 ISBN:4-381-07115-8
定価:874円 200ページ/18cm


【本の内容】
次の一手問題=計200問
1. 詰みの部 易しい1手詰め・3手詰め 10問
2. 手筋の部 部分図の次の一手問題 110問
3. 次の一手 実戦全体図の次の一手問題(駒落ち14問) 80問

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
本書は“手筋集”と名づけてある通り、“次の一手”からどう指し進めていくかをテスト形式にまとめて、手筋の数々を読みながらにして身につくようにしてあります。


【レビュー】
易しめの次の一手問題集。級位者向け。

「詰みの部」は超易しい1手詰と3手詰。「手筋の部」は部分図を使った次の一手。「次の一手」の部は全体図を使った実戦型の次の一手。序盤・中盤・終盤の問題がまんべんなく散りばめられている。また、最後の14問は駒落ち定跡からの出題で、二枚落〜角落を扱っている。

全体的に標準的な良問が多く、難問奇問はほとんどない。問題も200問と十分な量。もう少し解説が詳しければ最高だが、問題集としては標準レベルなので不満なし。

ラクラク次の一手』(日本将棋連盟,2002)が良かった人は本書も気に入ると思う。コストパフォーマンスも良いのでぜひどうぞ。(2005Sep02)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] マンツーマンブックス
[著者] 
勝浦修
[発行年] 
1978年 1994年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋手筋集(1)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved