2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■あなたならどう指す 次の一手 第1集

< | No.0532 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > あなたならどう指す 次の一手 第1集
あなたならどう指す 次の一手<第1集>
zoom
MAN TO MAN BOOKS
将棋テスト
あなたならどう指す 次の一手 第1集
[総合評価] C

難易度:★★☆
 〜★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:B
中級〜上級向き

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 山海堂
発行:1975年 ISBN:4-381-00002-1
定価:650円 204ページ/18cm


【本の内容】
・次の一手問題=計80問
前半の部 初・中級者(5級〜初段)向けの問題=60題 122p
後半の部 上級者(初段くらい)向けの問題=20題 82p

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
次の一手を考えながら実力を養成していくのは楽しいものです。『あなたの棋力を採点する』では、正解手を含めたいく通りかの指し手を示しましたが、今回は次の一手をすべてあなたに考えていただくことにしました。
前半の部では、まさにこの一手ともいうべきものを数多く用意しました。(中略)後半の部は、相当に深い読みを必要とする問題を揃えました。(後略)


【レビュー】
実戦型の次の一手問題集。

「あなたの棋力を判定する」シリーズの続編。序盤から終盤まで、さまざまな戦型から出題されている。「あなたの〜」では候補手が五択になっていたが、本書では候補手はない。

前半の部はあまり解説が詳しくない。問題が比較的易しいためだが、対象棋力が初級中級なのだから、逆に丁寧に解説してほしかった。一方、後半の部は1問あたり3ページの解説があり、正解手の他に候補手2つの変化を解説。しっかりした解説になっているので、これなら満足できるレベル。

次の一手問題集としては、「可もなく不可もなく」という感じ。全編が後半クオリティならかなり良かったのに。(2005Oct13)

※なお、第70問は『あなたの棋力を採点する 第1集』に出てきた問題と全く同じ。手抜き?うっかり?



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] マンツーマンブックス
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1975年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > あなたならどう指す 次の一手 第1集


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved