2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■攻めっ気100パーセント塚田の攻め将棋

< | No.0071 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 攻めっ気100パーセント塚田の攻め将棋

zoom

裏表紙
攻めっ気100パーセント
塚田の攻め将棋
[総合評価] C

難易度:★★★★

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
解説:B
読みやすさ:B
上級〜有段向き

【著 者】 塚田泰明
【出版社】 池田書店
発行:1989年5月 ISBN:4-262-10113-4
定価:1,019円 254ページ/19cm


【本の内容】
第1章 攻め20局=203p(20局)
第2章 四段への道


【レビュー】
塚田泰明七段(当時)の自戦記。四段から六段までの快勝譜を収録。相矢倉と相掛かりの棋譜が多い。

「塚田通れば道理が引っ込む」──多少の無理攻めでも通してしまう塚田のキャッチコピー。本書も、できるだけ攻めに徹した将棋が中心になっている。やや解説は雑な感じがあるが、対局中の心情はよく伝わってくる。

本書で目を引くのは、下図の2局。米長戦は相掛かりでの超急戦、羽生戦は相掛かり塚田スペシャルの将棋で、いかにも塚田らしさが出ている。なお、塚田スペシャルは1局だけ。

第2章は、奨励会時代のエッセイ集で、やや稚拙な文章ながらも気持ちはストレートに伝わってくる。

それにしても、スタジャン姿が表紙の棋書は空前絶後ではないだろうか・・・(笑)写真も多数収録されているが、いま見ると少し可笑しい。

(1)対 米長邦雄十段(1985年)
対米長邦雄十段
 (2)対 羽生善治四段(1986年)
 対羽生善治四段



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(自戦記)
[シリーズ] 
[著者] 
塚田泰明
[発行年] 
1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 攻めっ気100パーセント塚田の攻め将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved