2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■3手詰めパラダイス

< | No.0072 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 3手詰めパラダイス

zoom
3手詰めパラダイス [総合評価] D

難易度: ★☆

見開き1問(図面4枚)
内容:(質)B(量)B
解説:B
初心〜中級向き

【編 者】 詰将棋パラダイス,週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1999年1月 ISBN:4-8399-0116-3
定価:1,000円 222ページ/18cm


【本の内容】
1手詰=4問
3手詰=70問
5手詰=34問

◆内容紹介
「詰パラ」と「週将」が合体!超難解?手詰めから魅惑の5手詰めまで3手詰め中心の詰将棋ワンダーランド。様々な手を読んで、実戦にそなえ力を蓄えよう!


【レビュー】
X手詰めパラダイスシリーズの第4弾。

手筋もの中心で、詰将棋入門書 としてはまずまず。ただ、超短手数にしてはちょっと問題が少なすぎると思う。

基本的に易しい問題ばかりだが、3手詰め編のラストは89年度看寿賞作品で締めくくられている。これは詰パラ発表時に半分以上もの誤答者を出したという伝説の作品だ。(なお、本書中ではそのエピソードはない)

初級者の特訓用、上級者の調整用にどうぞ。(2002July14)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] X手詰めパラダイス
[著者] 
詰将棋パラダイス 週刊将棋
[発行年] 
1999年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 3手詰めパラダイス


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved