2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋必勝手筋100

< | No.0570 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋必勝手筋100
(日将ブックス版)
将棋必勝手筋100
zoom
日将ブックス
将棋必勝手筋100
初級者が強くなる決定版
[総合評価] B

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 大内延介
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1972年12月 2276-8103-5892
定価:660円 222ページ/18cm
(新装版)
将棋必勝手筋100(新装版)
zoom
将棋タウンさんthx!
将棋必勝手筋100 [総合評価] B

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 大内延介
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1984年 ISBN:4-8197-0003-0
定価:660円 222ページ/18cm
(Super Series版)
将棋必勝手筋100(Super Series版)
zoom
将棋タウンさんthx!
Super Series
将棋必勝手筋100
[総合評価] B

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 大内延介
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1994年4月 ISBN:4-8197-0354-4
定価:970円 222ページ/18cm


【本の内容】
中盤の手筋=41テーマ
終盤の手筋=27テーマ
受けの手筋=32テーマ

◆内容紹介(裏表紙より)
初級者が強くなるには、どうしたらよいか──永遠の命題というとオーバーですが、その難問に答えたのが「将棋必勝手筋100」です。手筋をやさしく分解して10級の方にも容易に読めるようになっています。中終盤の実力アップを保証します。


【レビュー】
やさしい手筋の総合解説書。

基本的には見開き完結型の解説で、読み易い(一部を除く)。

章は中盤・終盤・受けの三本立て。筆者は、最初は駒別に分類しようと思っていたが、それだとほとんど歩の手筋になってしまうので、本書のような分類にしたそうだ。各章とも、最初は駒数5〜10程度の易しい部分図から入り、徐々に駒数が多く複雑な図になっていく。そしてすべての駒を用いた実戦図に移り、章末では筆者の実戦がテーマになっている。

解説されている手筋は、基本的で使用頻度の高いものが多い。それでいて、習わなければ有段者でもうっかりしてしまうものもある。

2章の最後だけやや難しくなっているが、全体的にはやさしいレベル。ルールを覚え、実戦もこなし、さてもっと強くなりたい…と思い始めたころの人にはピッタリの本である。本書を十分にマスターすれば、それだけで初段は近い。

量が平凡であることと、他に似たような本があることを考慮してBにとどめたが、なかなかの良書だと思う。(2006Jun29)



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他の手筋
[シリーズ] Super Series
[著者] 
大内延介
[発行年] 
1972年 1980年 1994年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋必勝手筋100


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved