2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■第十八期 竜王決定七番勝負 激闘譜

< | No.0571 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第十八期 竜王決定七番勝負 激闘譜
第十八期竜王決定七番勝負
zoom
第十八期竜王決定七番勝負
激闘譜
渡辺明 VS 木村一基
[総合評価] D

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級以上向き

【編 者】 読売新聞社
【出版社】 読売新聞社
発行:2006年2月 ISBN:4-643-06003-4
定価:1,785円(5%税込) 182ページ/19cm


【本の内容】
【竜王】渡辺明 (防衛) 【挑戦者】木村一基七段
 

先−後

戦型 観戦記  
第1局 ●木村−渡辺○ △一手損角換わり 相腰掛銀 28p
第2局 ○渡辺−木村● 横歩取り△8四飛 中原流 青島たつひこ 26p
第3局 ●木村−渡辺○ 相矢倉▲腰掛銀 山田史生 26p
第4局 ○渡辺−木村● △一手損角換わり 相腰掛銀 西条耕一 26p
挑決1 ○木村−三浦● 相横歩取り 超急戦 西条耕一 18p
挑決2 ●三浦−木村○ 横歩取り△8五飛▲新山ア流 小暮克洋 26p

・「“竜王の重み”今までにないプレッシャー」(竜王 渡辺明)=3p
・第十八期竜王戦解説─全四局のエピソード=12p
・決勝トーナメントの戦績・竜王ランキング戦1組〜6組=8p
・竜王歴代七番勝負(一覧表)=1p


【レビュー】
竜王戦の観戦記。読売新聞に掲載された観戦記から主要なものをピックアップ。

若き竜王・渡辺に挑戦したのは、“勝率7割男”木村一基。久々に“羽生世代”(羽生、佐藤康、森内)の絡まないカードで、フレッシュな顔ぶれ…であるが、あまりフレッシュな感じがしない。木村がタイトル初挑戦ながらすでに33歳だったこと、渡辺がまだ21歳でありながら貫禄十分だったから…かも。

ともに「横歩取り△8五飛戦法」の使い手ということで、「8五飛対決」が予想された。しかしフタを開けてみれば、8五飛は1局も出ず。互いに牽制したというより、渡辺が意識的にバラエティに富む戦法を選択したのが大きな理由。

「受けの木村vsバランスの渡辺」で好勝負が期待されたが、スコアは意外なほど一方的。しかし内容的には見ていて面白いものだったと思う。第2局こそ渡辺の一方的な圧勝で終わったが、他の3局は両者の持ち味が良く出ていたと思う。互いにミスも出て名勝負とは言いがたいが、「強烈な個性のぶつかり合い」がいい。

ただ、棋書としては相変わらず物足りないなぁ…。今回から装丁が再変更され、各局のエピソードが巻末にまとめられるようになったが、棋書としてのレベルアップは特にない。(2006Jul06)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(竜王戦)
[シリーズ] 竜王決定七番勝負
[著者] 
読売新聞社
[発行年] 
2006年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第十八期 竜王決定七番勝負 激闘譜


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved