2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■初段最短コース

< | No.0406 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 初段最短コース
初段最短コース
zoom
日将ブックス
初段最短コース
[総合評価] A

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1973年4月 2276-0106-5892
定価:370円 222ページ/18cm
(新訂版)
初段最短コース
zoom
日将ブックス
初段最短コース
[総合評価] A

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
中級〜上級向き

(1993年版)

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1983年 ISBN:4-8197-0006-5
定価:650円 222ページ/18cm


【本の内容】
第一部 手の感覚 /手の性格/先手の価値は?/価値ある先手
/利かし/逆先/手順のアヤ/“先”の見極め
/実戦解説/“手”にハンディなし/手は貯められるか
/手の二面性/速度としての手/手の計算法
/守り手の効果/実戦詳解
・手筋の感覚
68p
第二部 駒の感覚 ・素朴な感覚
・駒の損得
/後で取り返す/駒を死なせるな/二枚換えを狙え
/王手飛車を狙え/実戦解説(1)/実戦解説(2)
30p
第三部 王将の感覚 /駒落ちのすすめ/穴熊と居玉/寄せのあり方
/王将はすべてに優先/逃げるが勝ち
26p
第四部 駒の展開 ・効率
/玉に向かえ(1)/玉に向かえ(2)/中央へ向かえ
/好位置に据えよ/効率の諸問題/壁駒に触るな
/陣形を乱せ/無理な開戦/駒に自由を
/駒得か効率か/駒の取り方/手詰まり
・弱点を突け
/・さばき
大駒の交換(1)/大捌きの根本原則/振飛車の常識
/大駒の交換(2)/軽い捌き/大駒を切る条件/実戦解説
62p
第五部 投了図の研究 /投了は重要なヒント/A級順位戦より/王将戦より
/王位戦より/A級順位戦より/王将戦より
30p

◆内容紹介(まえがきから抜粋)
本書は定跡書でも戦法書でも、また手筋の集録書でもありません。強いていえば、将棋の基本的な問題や根本的な考え方といった点に触れたものです。読者の将棋感覚を養成して、その方面から棋力上達を図るものです。


【レビュー】
感覚や効率について述べた本。大雑把な分類では「大局観」に属する。

「手得で先手良し」。級位者時代、わたしはこの感覚がさっぱり分からなかった。今でもこの表現を見かけたときは、ややマユツバで読むようにしている。また、「駒の効率」や「遊び駒があって悪い」というのもなかなか理解ができなかった。

本書では、そのような級位者が理解しづらい部分である「手の感覚」「駒の感覚・効率」「玉捌き」について詳解。級位者が持つ素朴な感想と正しい感覚とのズレを埋めていってくれる。また、特に第1章での「手」については、他書ではなかなか見かけることのない話なので、有段者でも一度は読んでおくとよい。

本書は、「定跡、詰将棋、問題集もいろいろやったけど、なかなか初段になれない…」という方に特にオススメ。逆にあまり基礎トレーニングを積んでない人が「初段最短」という言葉に惹かれて読んでも、イマイチ理解しづらいだろう。(2004Oct26)



【関連書籍】
 『
初段最短コース(将棋連盟文庫)』(日本将棋連盟発行,マイナビ販売,2012)

[ジャンル] 
大局観
[シリーズ] 
[著者] 
内藤国雄
[発行年] 
1973年 1983年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 初段最短コース


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved