2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■やさしい詰物二百題

< | No.0341 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > やさしい詰物二百題

zoom
やさしい詰物二百題
─付・将棋よもやま話─
[総合評価] A

難易度:★★★

見開き2問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:A
中級〜向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 西村一義
【出版社】 将棋天国社
発行:1995年6月 ISBN:-----
定価:1,000円 205ページ/18cm


【本の内容】
全200題
・5手詰=22題
・7手詰=73題
・9手詰=66題
・11手詰=39題
(順番はランダム)


【レビュー】
5手〜11手の短手数詰将棋問題集。西村九段がスポーツ新聞や週刊誌などに出題したものから200題を撰集したもの。

詰将棋が苦手な人にとっては、11手となってくるとかなり腰が引けてしまうかもしれない。でも大丈夫。本書の詰将棋は全体的にかなり易しめである。なかにはちょっと骨のある問題もあるが、「5手詰はだいたい解ける!」という方なら本書もいけると思う。

奇手・珍手系の問題はほとんどなく、「手筋の捨て駒から追い詰め」というパターンが多い。また、実戦型の配置はあまりないが、詰め手順は非常に実戦的なので、指し将棋のトレーニングに役立つ。全体の駒数も少なめで、解いてみる気になる。

また、手数の表示がなく、順番もランダムなので、「手数がヒントになってしまう」ということがない。これは一長一短だが、本書の場合は長所になっていると思う。

なお、各問には、3行の“四方山(よもやま)話”が添えられている。これが一応、解答の裏透けを隠しているのだが、中には隠しきれていないものもある(笑)。9割方は問題に関係のない話だが、残りの1割はヒントになっている。「ある高段者がテレビの対談で『田舎初段とはどのくらいの棋力か』と問われて、『一里四方敵なしが初段である』と珍解答。」

この詰将棋本は非常に楽しく、無理のないペースで完遂することができた。理由はよく分からない。なにか突出したものがあるわけではないが、全体のバランスが良いのだろう。(2004Jun05)

お問合せ先:将棋天国社



【関連書籍】

[ジャンル] 詰将棋
[シリーズ]
[著者] 西村一義
[発行年] 1995年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > やさしい詰物二百題


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved