2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■快勝 振り飛車で勝て

< | No.0262 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 快勝 振り飛車で勝て
快勝 振り飛車で勝て
zoom
大山・快勝シリーズ(1)
快勝 振り飛車で勝て
角を生かす
[総合評価] B

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:C
解説:A
読みやすさ:B
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 大山康晴
【出版社】 池田書店
発行:1970年1月 ISBN:
定価:350円 254ページ/18cm


【本の内容】
(1)馬に出世する角 (2)飛車を狙う角 (3)ギセイに生きる角 (4)切り込みの角 (5)端角の威力 (6)二枚角の攻め (7)玉頭を狙う角 (8)すれ違い攻めの角 (9)急所の角打ち (10)飛車を捨てて角を生かす (11)角の捌きに重点を置く (12)角でトドメを刺す (13)的のネライの裏をかけ (14)角と角の戦い (15)飛角交換を恐れるな (16)無難を嫌う角 (17)自陣角打ちの妙味 (18)自陣角その2 (19)馬の強味 (20)急攻めざす角 (21)圧力をかける角 (22)攻めの先頭に立つ角 (23)急所の角打ち (24)角が主役の攻め (25)角で攻め勝て (26)王手飛車の角 (27)逆襲の角 (28)飛車より角が強い (29)勝負手の角打ち


【レビュー】
振飛車側の角の使い方を詳解した本。

合計29個のテーマ図について、振飛車の角が活躍する展開をかなり詳しく解説している。本筋の解説よりも変化筋の解説の方が多くなっているが、「できるだけ誤解・疑問のないように」という大山の思いが伝わってくるようだ。

一応、どのテーマ図も角が絡んでいるものばかりだが、角の手筋だけを解説しているのではなく、“戦いの流れの中で、角がどのような役割を担っているか”というところに重点が置かれている。振飛車の角にこだわった本というのはかなり限られているので、振飛車党で角の使い方が苦手な方は、ぜひ読んでいただきたい。

また、ところどころに“将棋の心得”が記されている。これは振飛車の心得だけにとどまらず、将棋の考え方全般に渡っての心得。とてもさりげなく書いてあるので、注意していないと読み流してしまいそうだが、しっかり読んでおけば、かなり力がつくだろう。

個人的にやや残念なのは、多くのテーマ図が“振飛車良し”の局面から始まっているところ。「ほぼ互角の局面から双方最善を尽くしてやっぱりほぼ互角」ではなく、「振飛車やや良しから双方最善を尽くして振飛車優勢(or勝勢)」が多かった。気にするほどのことじゃないかも(^-^;A (2004Jan10)



【関連書籍】

[ジャンル] 手筋
[シリーズ] 大山快勝シリーズ
[著者] 大山康晴
[発行年] 1970年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 快勝 振り飛車で勝て


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved