2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■ゴキゲン中飛車対超速 銀対抗相穴熊 対袖飛車の研究

< | No.1002 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ゴキゲン中飛車対超速 銀対抗相穴熊 対袖飛車の研究
ゴキゲン中飛車対超速 銀対抗相穴熊 対袖飛車の研究 ゴキゲン中飛車対超速 銀対抗相穴熊 対袖飛車の研究 [総合評価] -

難易度:★★★★

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

ゴキゲン中飛車対超速 銀対抗相穴熊 対袖飛車の研究
この電子書籍をDL-MARKETで見る

【著 者】 mus-musculus 【作成】 谷浩嗣
【出版社】 (個人出版)
発行:2012年6月 ISBN:
定価:0円(無料配布) 13ページ(電子書籍)


【本の内容】
◆内容紹介(DL-Market紹介文より)
本書ではゴキゲン中飛車と超速の攻防における銀対抗のオリジナル研究手順を紹介しています。
数ある超速対策の中でも銀対抗は居飛車からの角頭攻めを防ぎ、安心して玉を固めて勝負をできる点が人気を博しています。
対して居飛車からの打開策として。袖飛車からの仕掛けが有力な手段となっています。
まだプロの実戦にも出現した事のない新手順を紹介しました。
驚愕の左桂の捌きをお楽しみ下さい。

ゴキ研での該当記事


【レビュー】
△ゴキゲン中飛車vs▲超速の、銀対抗型の相穴熊戦を研究した本。電子書籍(PDF形式)で、DL-MARKETから無償ダウンロードで入手することができる。

ゴキゲン中飛車に対しては、現在でも超速が大流行している。ゴキゲン側の対策はいろいろあるが、激しい変化を避けて「銀対抗型(▲4六銀vs△4四銀)」にしている人も多いかと思う。この戦型も、評価がいろいろ変遷しているものの、決定版が出ない限りはゴキゲン側にとって有力な選択肢であり続けるだろう。

さて、銀対抗型では一直線に組み合うと相穴熊になりがち。単純に組み合っていると、打開が難しく千日手模様になりかねないので、先手の居飛車はどこかで仕掛けを模索することになる。仕掛け方はあまり多くなく、そのうちの一つが本書の「▲3八飛型(袖飛車)」である。

対振飛車では常に有力な仕掛け方であるが、ゴキゲン側からは「これさえ止めれば(銀対抗型は十分指せる)」というもの。本書では、仕掛けを誘うまでのゴキゲン側の待ち方に絞って解説されている。



●レイアウト
本のレイアウトは、〔右図(スクリーンショット)のようになっていて、読みやすさはまずまず。解説は1ページ内で完結しており、図面の背景が網掛けされていたり、図面にコメントが付いている点も良い。


●入手方法
本書は紙媒体ではなく、電子書籍なので、ダウンロードで入手する。ダウンロードするには、DL-MARKETでダウンロード会員になる必要がある(会員登録は無料)。無料公開されているので、クレジットカードなどは不要。

PDF形式のファイルをダウンロードし、Adobe Readerなどで閲覧する。パスワードも不要。ただし、ファイルを開くと、ページ最下段に「会員ID」「ご購入者名(実名)」「ご購入日」「ご購入店名」が自動的に挿入される仕様になっている。

●総括
テーマ図は非常に狭い局面ではあるが、ゴキゲン中飛車使いには非常な重要なテーマであり、この仕掛けに対応できることでゴキゲン中飛車に自信が持てる人も多いと思う。それぞれの形について2つの仕掛け方(▲3五歩と、▲3七桂△XXX▲2八飛)が解説され、とても緻密で分かりやすかった。

また、ほぼ同時期に発行された『最新定跡村山レポート』(村山慈明,マイナビ,2012.07)の第2章前半と比較すると面白い。テーマはほぼ同じであるが、村山本では△3三桂という待ち方が解説されておらず、内容のカブリはほとんどない。どちらの戦い方が有力かは、各々判断してください。

わずか13pの本なので、特に総合評価をつけなかったが、部分的な内容ならマイナビ系の定跡書にも十分匹敵する出来である。

ただ、誤植等が多いのが気にかかった(下記参照)。幸い、本書は電子書籍なので、修正は比較的容易かと思う。作者の方、ご覧になっていたらぜひ直してください。m(_ _)m


※誤字・誤植等(2012-08-09ダウンロード版で確認)
p1 ×?「△7五歩と溜める余裕があるが」 ○?「△7四歩と溜める余裕があるが」
p2 ×「…▲7一桂成△同銀▲3五銀△6八歩(B図)…」 ○「…▲7一桂成△同銀▲3五金△6八歩(B図)…」
p2 A図 ×「【A図は△5二同金まで】」 ○「【A図は△5二金まで】」 (「同金」ではない)
p2 B図コメント ×?「6筋の歩を取り込まれた事で生じた」 ○?「6筋の歩を取った事で生じた」
p3 第2図コメント ?「△7五歩と言った△7六歩と言った手段で」 ○?「△7五歩〜△7六歩といった手段で」
p6 ×「第7図からは▲6五歩…」 ○「第5図からは▲6五歩…」
p7 第7図コメント △「容易では無い」 ○「容易ではない
p10棋譜 ×「▲3七桂△5一飛▲2八飛△2一飛(第6図)」 ○「▲3七桂△5一飛▲2八飛△2一飛(第9図)」
p11 テーマ図4コメント ×「飛車の稼働域が狭い」 ○「飛車の可動域が狭い」
全体 △「〜と言った」「〜と言う」「〜して行きたい」 ○「〜といった」「〜という」「〜していきたい」



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] 
[著者] mus-muculus
[発行年] 
2012年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ゴキゲン中飛車対超速 銀対抗相穴熊 対袖飛車の研究


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved