2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋戦法小辞典

< | No.0029 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋戦法小辞典
将棋戦法小辞典
zoom
将棋戦法小辞典 [総合評価] A

難易度:★★★

図面:見開き6〜8枚
内容:(質)B(量)S
レイアウト:B
読みやすさ:S
初級〜有段向け

【著 者】 鈴木輝彦
【出版社】 木本書店
発行:1992年5月 ISBN:4-905689-36-8
定価:3,000円 334ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
四間飛車(▲7八銀型、▲6七銀型、位取り対策、左美濃対策)
中飛車
三間飛車
向飛車
相振飛車
穴熊(振飛車穴熊、居飛車穴熊)
矢倉(24手組、雀刺し、4手角、飛車先不突き矢倉)
棒銀(原始棒銀、角換わり棒銀)
早繰り銀
腰掛銀(木村定跡、右玉、飛車先保留腰掛銀)
相掛かり(ガッチャン銀、鎖鎌銀)
ヒネリ飛車(棒金、凧金)
横歩取り(△2三歩型、△4五角、相横歩、△3三角、△3三桂)
鬼殺し
角頭歩戦法
アヒル
筋違い角
早石田封じ
etc.

◆内容紹介
著者が担当したNHK将棋講座のテキストにさらに加筆。プロ、アマの間で戦われている全戦法にわたって、基本的な戦法から最新の戦法まで平易な語り口でわかり易く解説。初段をめざすアマチュア愛棋家には最適の書。


【レビュー】
(『将棋戦法小辞典』と『続・将棋戦法小辞典』の2冊まとめてのレビューです)

中級者〜初二段くらいが対象の総合定跡ガイダンス。『将棋戦法小辞典』で書ききれなかったことが『続』の方に書かれているといった感じだ。前著が「初段をめざすひとに最適の書」、後著が「有段者に手応え十分の戦法書」とのこと。どちらも、かなり多くの図面を取り入れている(見開きに平均7枚)ので、盤に並べなくても十分手順を追っていける。どちらかといえば、『続』の方が図面に対して説明が詳しいようだ。この2冊に載っていない戦法はほとんどないといえるだろう。



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 
[著者] 
鈴木輝彦
[発行年] 
1992年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋戦法小辞典


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved