2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■中飛車を破れ・上巻

< | No.0367 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中飛車を破れ・上巻

zoom
振飛車破りシリーズ
中飛車を破れ・上巻
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段者向き

【著 者】 石田和雄
【出版社】 木本書店
発行:1981年12月 ISBN:4-905689-19-8
定価:1,200円 254ページ/19cm


【本の内容】
第1章 4五歩早仕掛け ・基本チャート
(1)△4五同歩への対応/変化[A]△3ニ銀 [B]△3ニ金
(2)△3ニ金への対応/変化[A]▲2四歩 [B]▲3七桂
(3)△5五歩への対応/変化[A]▲5五同角 [B]▲5五同歩
※△6四歩型の場合
48p
第2章 3八飛戦法 ・基本チャート
(1)△4五歩への対応/変化[A]▲3三角成 [B]▲4七金 [C]▲4五同歩
(2)△6四歩への対応/変化[A]△4五歩 [B]△3四歩
(3)△3一金への対応
※△6四歩型の場合/変化[A]▲3五歩 [B]▲5五歩
※△4ニ金型の場合/変化[A]▲3八飛 [B]▲4七金
82p
第3章 4六金戦法 ・基本チャート
(1)△6四歩への対応/変化[A]△3五同歩 [B]△3ニ飛
(2)△3ニ金への対応/変化[A]▲3五歩 [B]▲5七銀右
(3)△3ニ飛への対応/変化[A]▲3五歩 [B]▲5五歩
(4)△2二飛への対応/変化[A]△2四歩 [B]△6四歩
※△6四歩型の場合
※△6四金型の場合/変化[A]▲3六歩 [B]▲5七銀右化
76p
第4章 自戦記 自戦記=2局(vs高田丈資/vs森安秀光) 24p
第5章 次の一手 次の一手問題=30問 18p


【レビュー】
中飛車の定跡書。スタンスは一応「中飛車破り」だが、実質的には公平視点。

本書は上巻・下巻に分かれていて、上巻ではツノ銀中飛車vs急戦を解説している。いずれもオーソドックスで本格的な戦型であり、定跡党の人は必見。最近の中飛車本は力戦モノが多く、ツノ銀はあまり扱われていないので、本書の存在は貴重。

レイアウトや構成は『羽生の頭脳 3 急戦、中飛車・三間飛車破り』(羽生善治,日本将棋連盟,1992)ライクであり、かなり読みやすい。木本書店でもちゃんと読みやすい本が作れるんだ…(笑)。目次だけ見るとまるで東大将棋ブックスのようだが、本書の方が断然読みやすいと思う。分岐もかなり細かく、ツノ銀中飛車の定跡書としては最高クラス。ツノ銀に限れば、『中飛車道場 第四巻 6四銀・ツノ銀』(所司和晴,MYCOM,2004)よりも断然良い。

質・量・読みやすさをしっかり兼ね備えた良書なので、定跡党の人は古書店で見かけたら即ゲットすべし。(2004Aug07)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] 振り飛車破りシリーズ
[著者] 
石田和雄
[発行年] 
1981年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中飛車を破れ・上巻


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved