2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■ゼったい詰まない Zの法則

< | No.0120 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ゼったい詰まない Zの法則
ゼったい詰まない Zの法則
zoom
難問疑問解明シリーズ
ゼったい詰まない Zの法則
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き6枚
内容:(質)B(量)A
レイアウト:B
解説:B
上級〜有段向き

【著 者】 日浦市郎
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1996年10月 ISBN:4-89563-661-5
定価:1,165円 223ページ/19cm
Zの法則(MYCOM将棋文庫) MYCOM将棋文庫(21)
Zの法則
ゼったい詰まない 終盤の奥義
 

【著 者】 日浦市郎
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年11月 ISBN:4-8399-1307-2
定価:700円 223ページ/19cm


【本の内容】
第1章 Zの素人編 12問、コラム=11 70p
第2章 Zの新人編 8問、コラム=10 56p
第3章 Zの凡人編 6問、コラム=9 40p
第4章 Zの鉄人編 6問、コラム=3 34p
第5章 Zの達人編 3問、コラム=1 16p

◆内容紹介
「Z」とは、「ぜったい詰まない」から派生した俗語だ。相手に駒を何枚渡しても即詰みがない形を指す。「トラック一台分の駒を持っていようが、東京ドーム一杯分だろうが詰まない」のだ。このZの瞬間を利用して、飛車でも角でも豪快に切り飛ばし、一気に必死を掛けて勝つのが「Zの法則」だ。本書では、Zの法則を生かした敵玉の寄せ方や、自玉をZにするテクニックを、著者のオリジナル問題を中心に詳細に解説した。


【レビュー】
自陣が絶対詰まない「Z(ゼット/ゼ)」の形をテーマにしているのが特徴的な、次の一手問題集。ほとんどの問題は著者の創作らしい。問題は結構難しく、有段者向け。

穴熊に代表される「Z」は、現代将棋の終盤には欠かせない考え方だ。いくつかの終盤本で取り上げられてはいるが、「Z」に絞った棋書は珍しい。それだけに、本書には高評価を与えたいところ…なのだが、割と普通の"次の一手問題集"になってしまっている。もちろん、解説はZに焦点を当てているのだが、もう少し体系的に分類してほしかった。たとえば、ある形AはZだが、A'はZではない、とか。構成を練り直して再版してほしい一冊だ。

ちなみにコラムは、実戦に現れたゼを解説。次の一手問題のような明快な正解手順はないが、Zを作りながら寄せる感覚が参考になる。むしろ問題部よりもこちらの方が役に立ちそうだ。(文章から察するに、コラム部分は日浦自身が書いたわけではなさそうだが…)(2002Dec11)



【関連書籍】

[ジャンル] 
手筋(終盤)
[シリーズ] 難問疑問解明シリーズ
[著者] 
日浦市郎
[発行年] 
1996年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ゼったい詰まない Zの法則


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved