2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■入玉大作戦

< | No.0089 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 入玉大作戦

zoom
入玉大作戦
逃げるが勝ち!
[総合評価] S

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1996年9月 ISBN:4-89563-655-0
定価:1,165円 223ページ/18cm
入玉大作戦(MYCOM将棋文庫)
zoom
MYCOM将棋文庫(22)
入玉大作戦
逃げるが勝ち!
[総合評価] S

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【編 者】 毎日コミュニケーションズ
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年12月 ISBN:4-8399-1361-7
定価:700円 248ページ/16cm


【本の内容】
第1章 入玉って楽しい!─間違いのない勝ち方─ 36p(18テーマ)
第2章 入玉ならできる!─優勢から勝勢へ─ 48p(24テーマ)
第3章 入玉なら負けない!─必敗から持将棋へ─ 96p(48テーマ)
第4章 この戦法には入玉がよく似合う 30p(15テーマ)

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
優勢な局面のはずなのに明快な寄せがないとき、敵玉は鉄壁で自陣は崩壊寸前のとき、入玉がピンチを救ってくれる局面は意外なほど多い。本書は、入玉のテクニックを詳細に解説した、棋界唯一の「入玉専門書」だ。入玉に馴染みのない方にとっては信じられないような、入玉特有の手筋も数多く収録してある。まるでサーカスのような玉の綱渡りで、見事敵陣にトライを決める快感、一度味わってしまえば病み付きになること請け合いだ。


【レビュー】
入玉の手筋や考え方を解説した本。

入玉をするのもされるのも嫌いという人は多い。しかし真剣勝負ではそんなことは言っていられない。特に矢倉や角換わりでは入玉になる展開は結構多く、居飛車党には必須科目といえる。ところで入玉には独特の感覚が必要となるが、それについて記した本はほとんどない。本書はその入玉のコツを詳しく解説した本である。

それぞれのテーマ図に対して、入玉を狙っていく方法を解説している。それぞれのテーマごとに、入玉将棋専用の格言が載っているのが良い。例を挙げれば、「駒損しても大駒を取れ」「金駒捨ててもと金作れ」「上が×なら下はなお×」「金も1点、歩も1点」・・・などなど。また、玉の捌き方も非常に役に立つ。

1テーマは見開き2ページで完結。右側上部にテーマ図が載っているが、すぐ下に指し手が載っているので、答えを見たくない人は要注意。

4章に分かれているが、基本的には大きな違いはない。手筋別に分類されているわけでもなく、ややダラダラと書かれている印象はあるが、入玉感覚をつかむには十分。なによりも、実戦的に重要な考え方でありながら、類書がないところを高く評価したい。(2002Aug21)



【関連書籍】

[ジャンル] 
手筋(その他)
[シリーズ] 
[著者] 
週刊将棋
[発行年] 
1996年 2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 入玉大作戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved