2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■詰将棋探検隊

< | No.0549 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰将棋探検隊
詰将棋探検隊
zoom
詰将棋探検隊
妙技すべてみせます
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き3〜5枚
内容:(質)S(量)B
レイアウト:B
解答の裏透け:-
解説:A
読みやすさ:A
上級以上向き

【著 者】 角建逸 【編】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1995年12月 ISBN:4-89563-647-X
定価:1,165円 220ページ/19cm


【本の内容】
収録作品一覧(目次より)
第1部 様式美の世界─初形 裸の王様/初形趣向/無防備図式/無仕掛け図式
/持ち駒趣向
38p
第2部 様式美の世界─詰め上がり あぶり出し曲詰め/煙詰め/一色詰め/単騎詰め 44p
第3部 知的パズルの世界 不成/合駒/遠打ち 28p
第4部 知的パズルの世界(2) 構想作/連続合駒/七種合い/趣向作 46p
第5部 長手数の世界 龍追い/馬ノコ/龍ノコ/知恵の輪/連取り/はがし
/持ち駒変換/超長手数
55p

◆内容紹介(推薦のことば(米長邦雄)より抜粋)
本書に収められている詰将棋は、ちょっとやそっとで解けるシロモノではない。しかし解けなくても百番に接してみれば必ず本物の良さが伝わるだろう。もちろん並べるだけでも楽しい作品ばかりだ。さあ、読者のみなさん、究極の百題に触れて詰将棋の妙技を堪能してほしい。


【レビュー】
詰将棋のアンソロジー本。「将棋」誌に連載された「詰将棋探検隊は行く」(1985年春号〜1993年春号)を大幅改稿し、再編集したもの。「本書の単行本化にあたって、連載当時の百局のうち3割以上を入れ替え、全文を探検隊の会話文に改めました」(あとがきより)

本書で紹介される詰将棋は、「あるテーマの一号局」や「テーマの持つ思想を極限まで高めたもの」など、詰将棋史の金字塔となる作品ばかり。「終盤力養成用の詰将棋」ではなく、いずれも「パズルとして研ぎ澄まされた詰将棋」だ。これら厳選された詰将棋作品が“隊長”と“隊員A〜C”による座談会形式で解説されていく。

厳密な変化の解説はあまりなく、作品の魅力に直結する部分だけに絞って解説している。図面の直後から解説が始まるので、自力で挑戦するのではなく、読み物として楽しむのが良い。譜面は割と細かく分かれているので脳内でも読めるが、できれば盤に並べた方がより楽しめる。

本書を最も楽しめそうな読者層は、2種類ありそう。まずは「詰将棋初心者」。指し将棋の棋力はそこそこあるが、詰将棋は苦手、という層。σ(^-^)もここに含まれます(笑)。この層は、駒の織りなすマジックに素直に感嘆し、感動するのが良いかと。もう一方は、むしろ対極に位置する「詰将棋ベテラン」。“もう、ここに載ってる詰将棋は全部知ってるよ”という層。この層は、初めてその作品に触れたときの感動を思い出しながら、あれやこれやウンチクを垂れつつ並べていくのが楽しいかと思う。イメージとしては、漫画『美味しんぼ』(Wikipedia)の食通(審査員)たちになったような気分で(笑)。←本書の文章も「美味しんぼ」に影響を受けてるような気がします。

以前レビューした『王様殺人事件』よりも、大勢の人にオススメできそうな一冊。早めに文庫化してほしい。ただし、あまりにも詰将棋の魅力がいっぱい詰まりすぎているので、普通の詰将棋が物足りなくなってしまうかも?!(2006Jan24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋作品集
[シリーズ] 
[著者] 
角建逸 週刊将棋
[発行年] 
1995年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰将棋探検隊


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved