2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■秘伝 穴熊王

< | No.0116 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 秘伝 穴熊王

zoom
秘伝 穴熊王
──堅い・攻めてる・切れない・勝ち!
[総合評価] B

難易度:★★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)A
レイアウト:A
解説:B
有段向き

【編 者】 美馬和夫 【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1995年9月 ISBN:4-89563-639-9
定価:1,165円 223ページ/19cm


【本の内容】
オリジナル手順/さばくコツ/戦いに備える/二つの玉頭戦/終盤での固め方/穴熊流の攻め/逆転の秘技/粘るテクニック/駒落ちにも穴熊/なりゆき穴熊

◆内容紹介
希代の穴熊師・美馬和夫が明かす超絶テクニック穴熊逆転必勝パターンの数々…“穴熊の常識”を知らないと大駒1枚損をする。これはもう穴熊党もアンチ穴熊ファンも読むしかない。


【レビュー】
穴熊の手筋書。いろいろな実戦の局面から、穴熊ならではの戦い方を指南している。振り穴が多いが、居飛穴も扱っている。もっとも、中終盤では振り穴も居飛穴もほとんど同じだろう。

基本的には“四角く囲った”形をメインに扱っている。現在は穴熊戦の研究が進み、四角にこだわらない指し方(たとえば振り穴なら▲4七金型)が多くなってきているが、本書の考え方は穴熊党に取って基本となるところだろう。"穴熊に囲ったはいいが、あまりうまくいかない"という人は、一読してみるといい。ただし、はっきり有段者向けなので、級位者は注意してください。

本書は穴熊党のバイブル。アンチ穴熊党にとっては、焚書したいくらいの悪書だが、穴熊党の気持ちを知るために読むのもいい。(2002Nov24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他の手筋
[シリーズ] 
[著者] 
美馬和夫
[発行年] 
1995年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 秘伝 穴熊王


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved