2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■奇襲虎の巻

< | No.0286 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 奇襲虎の巻

zoom
奇襲虎の巻
明日からすぐ勝てる
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級以上向き

【著 者】 神谷広志 【編 者】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1994年12月 ISBN:4-89563-621-6
定価:1,165円 222ページ/19cm
(文庫版)
奇襲虎の巻
MYCOM将棋文庫(11)
奇襲虎の巻
明日からすぐ勝てる
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
中級以上向き

【著 者】 神谷広志
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年5月 ISBN:4-8399-1092-8
定価:700円 225ページ/16cm


【本の内容】
第1章 振り飛車編 四間飛車独走銀/ハメ手中飛車/原始中飛車/
阪田流向飛車/鳥刺し/新型鳥刺し/角頭歩突き戦法
76p
第2章 袖飛車編 玉頭強襲作戦/△7四歩戦法 48p
第3章 矢倉編 カニカニ銀(1)(2)/対矢倉一直線棒銀 34p
第4章 相掛かり編 タテ歩棒銀/宇宙戦法/鎖鎌銀/▲5八玉戦法(新塚田スペシャル) 58p

◆内容紹介
「奇襲戦法」とは、相手が一手間違えればたちまち優勢になるような恐ろしい狙いを秘めた戦法の総称だ。必ずしも将棋の本筋とは限らないが、はまったときの破壊力はすさまじい。「何で勝っても勝ちは勝ち」という言葉もある。「振り飛車」、「矢倉」、「相掛かり」などの基本局面から、あっと驚く変化技で相手を無理やり自分のペースに引きずりこんでしまう奇襲戦法。これであなたも明日からすぐ勝てる!


【レビュー】
奇襲戦法の解説書。

ハメ手からプロも使うような作戦まで、かなり幅広く扱っている。しかし、どこかで見たような戦法が多く、独自色は薄い。個人的には、第1章の原始中飛車は参考になった。でもこれを食らわないためにはどうしたらいいのかが分からない…(笑)。

解説は、基本的に奇襲側が一方的に良くなっているものが多いので読んでいて気持ちよい。その一方で、対策はほとんど書いていないので自分で考える必要がある。

「奇襲戦法で対策を書いてしまったら使えないじゃないか!」という意見もあるだろうが、奇襲を使う側としては「相手が最善を尽くしてきたらどのような戦いになるのか。互角なのか、失敗なのか(←これは重要かと)」というのは知っておきたいところだ。この辺は各人で見解が分かれると思うので、ご自身で判断していただきたい。

文章は読みやすい。が、あまり“神谷らしさ”は感じられなかった。“著者名なし、週刊将棋・編”の棋書を読んでいるような印象を受けた。もう少し文体にクセがあっても良かったかと思う。

なお、オリジナル版では、著者の似顔絵と思われる変なイラスト(笑)が図面の間に挿入され、一言コメントが添えられている。たいした内容のコメントはないが、このイラストのおかげで構成に余裕があり、かなりとっつきやすくなっている。(2004Feb05)



【関連書籍】

[ジャンル] 
奇襲
[シリーズ] 
MYCOM将棋文庫
[著者] 
神谷広志 週刊将棋
[発行年] 
1994年 2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 奇襲虎の巻


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved