2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■振飛車破りの棒銀

< | No.0922 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 振飛車破りの棒銀
(ポケット版)
振飛車破りの棒銀
zoom
王将ブックス ポケット版
ハメ手シリーズW
振飛車破りの棒銀
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 芹沢博文
【出版社】 北辰堂
発行:出版年月不明 ISBN:
定価:380円 158ページ/15cm
(DELUXE版)
振飛車破りの棒銀
zoom
王将ブックス DELUXE版
ハメ手シリーズ(4)
振飛車破りの棒銀
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
中級〜上級向き

【著 者】 芹沢博文
【出版社】 北辰堂
発行:1986年8月 ISBN:4-89287-039-0
定価:800円 158ページ/19cm


【本の内容】
第1章 向飛車破り ・△4三銀型
・△5三銀型(+△4三金型)
・△3二金型
28p
第2章 四間飛車破り ・▲3五歩に△同歩
・▲3五歩のとき△4五歩
・▲2六銀のとき△4五歩
30p
第3章 中飛車破り ・△2二角(角交換せず)
・△4五歩(角交換)
26p
第4章 三間飛車破り ・△5三銀型
・△4三銀型(+5三金型)
42p
第5章 実戦譜 ・▲二上達也vs△大山康晴
(▲棒銀vs△ツノ銀中飛車)
28p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
さまざまの振飛車を、一つだけの戦法で破る、おぼえやすい指し方はないか、というファンの要望を時々聞きます。
棒銀なら、その要求を満足させられるかもしれません。玉の囲い方、棒銀の進出、仕掛け、すべてが相手の振飛車の位置に関係なく同じように指してよいのです。しかも三十手ごろに開戦してそのまま激しい勝負となりますから、気の短い方に向いています。奇襲戦法のひとつとして書いてみました。


【レビュー】
対振飛車の棒銀戦法の指南書。

棒銀は現代でも有力な振飛車対策の一つであるが、本書は「ハメ手シリーズ」の一つとして書かれており、はしがきにも「奇襲戦法のひとつとして書いてみました」(p2)とある。これは、本書出版当時(1966年ごろとみられる)には、棒銀が単純であまり本格的な戦法でない、と思われていたということであろう。

本書の棒銀作戦は、1手でも早く攻めようということで、すべて▲6八銀型からの仕掛けになる〔右図〕。また、四間飛車や向飛車で棒銀に対して△3二飛と受ける形は、すべて第4章の「三間飛車破り」を参考にせよとのこと。

各章の内容を紹介していこう。

第1章は向飛車破り。右図から△3五同歩と取ってくれても、▲同銀△3四歩で▲2四歩と突けないので、初心の棒銀使いにとっては案外嫌な相手かもしれない。それに、向飛車に対して棒銀で攻めようという本は、現在ではほとんどないため、意外と攻めに戸惑うことだろう。

本章では、△3五同歩と取った場合も、取らずに迎撃してきた場合も書いてある。

第2章は四間飛車破り。対四間飛車の棒銀の本は現代ではたくさん出ているが、そのほとんどは▲棒銀に対して後手はすぐに△4三銀と上がり、△3二飛と迎え撃つ姿勢を取っている。

本章では、後手は△3二銀型で待ち、△4五歩のタイミングを計る将棋になる。基本的にはおおむね先手良しだが、この形一本で戦っている四間飛車党も見かける。現代の本で攻略法が分からない人は、一読してみよう。

第3章は中飛車破り。このころの中飛車は、もちろんツノ銀中飛車である。本章では、(1)後手が角交換を避け、棒銀を金銀2枚で防ぐ形、(2)角交換を希望して△4五歩と突く形、の2つが載っている。

第4章は、三間飛車破り。先手の棒銀に対して後手が△3二飛と迎え撃つのは現代では定番の形であり、本書でも一番破りにくいとしている。本章が一番本格的な変化を扱っており、知らないと指せない強襲がいくつか出てくる。

第5章は、二上vs大山の実戦譜1局を初手から投了まで解説。後手が玉を囲う前に先手が仕掛けた将棋で、かなり早い段階で先手が優勢になった快勝譜。ただし、不利になってからの大山の頑張りも参考になる。

棒銀の本はたくさん読んでいるのに、古い指し方をされてどうしたらいいか分からなくなった、という人は、一度本書を見てみるのもいい。昔の形を知ることで、簡単に居飛車良しと書かれている形について理解が深まるかも。(2011Apr30)

※誤字・誤植等(DELUXE版初版で確認):
p43 ×「飛車をいじめことができます。」 ○「飛車をいじめることができます。」
p107 ×「3三銀、4一成桂」 ○「3三銀、4一桂成」



【関連書籍】

[ジャンル] 
振飛車総合
[シリーズ] 
王将ブックス
[著者] 
芹沢博文
[発行年] 
1986年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 振飛車破りの棒銀


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved