2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■よくわかる駒落ち

< | No.0203 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > よくわかる駒落ち
よくわかる駒落ち
zoom
将棋タウンさんthx!
将棋初心者講座 7
よくわかる駒落ち
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き3〜4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 花村元司
【出版社】 東京書店
発行:1970年 ISBN:
定価:380円 248ページ/19cm
(復刻版)
よくわかる駒落ち(復刻版)
zoom
新表紙
よくわかる駒落ち
(復刻版)
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き3〜4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 花村元司
【出版社】 東京書店
発行:2001年7月 ISBN:4-88574-430-X
定価:1,400円 252ページ/19cm


【本の内容】
序章 駒落ち将棋の意義 ・駒落ち将棋とは
・駒落ち将棋の種類
8p
第1章 二枚落ち定跡と
その展開
・銀多伝定跡
・続銀多伝定跡
・カニ囲い定跡(二歩突っ切り)
・△5五歩止め定跡
86p
第2章 飛香落ち定跡と
その展開
・2五桂ハネ定跡
・2五桂ハネ阻止定跡
48p
第3章 飛落ち定跡と
その展開
・下手四間飛車、上手3三桂定跡 60p
第4章 角落ち ・矢倉囲い定跡 40p

◆内容紹介
駒落ちの名人と言われた花村元司が著わした駒落ちの定跡の本。序盤、中盤から終盤まで克明に、「上手泣かせ」の一連の好手筋を盛り込み、それに対し上手も鬼手、妙手、秘手をもって応じる最善の手順を解説する。


【レビュー】
二枚落から角落までの駒落ち定跡書。

著者・花村八段(執筆当時)は“駒落ち名人”。本文によれば、対アマの飛車落ちでは勝率9割超だったそうだ。ただし、本書で駒落ち名人の秘術を公開、というわけではなく、割と普通の定跡書である。オリジナル版は1970年の出版なので、解説されている変化にやや古さを感じることがある。

ほかの駒落ち定跡書と違うのは、「○○のような手を指すようでは上手失格である」「上手としては○○を狙いたいところ」などと、随所に上手の心構えが書いてある点。いかにも駒落ち名人らしい。また、文章は非常に読みやすくて分かりやすく、わたしがこれまでに読んだ十数冊の駒落ち本の中でもトップクラスだと思う。レイアウトも良い。ただし、東京書店独特の棋譜表記は、慣れるまで読みにくい。当然のように横書きだし(笑)。

1冊目の定跡書としては不十分かもしれないが、2冊め以降に読んでおきたい一冊だと思う。きっと足りない部分が補完できるはず。(2003Jul27)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒落ち定跡
[シリーズ] 
[著者] 
花村元司
[発行年] 
1970年 2001年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > よくわかる駒落ち


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved