2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■石田流を指しこなす本 【急戦編】

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 石田流を指しこなす本 【急戦編】
石田流を指しこなす本 【急戦編】
zoom
最強将棋21
石田流を指しこなす本 【急戦編】
 

【著 者】 戸辺誠
【出版社】 浅川書房
発行:2016年3月 ISBN:978-4-86137-046-5
定価:1,512円 256ページ/19cm


【本の内容】
第1章 棒金 基本図までの駒組み
引き飛車から角交換
本組みからのさばき
二枚銀からの棒金
棒金模様から持久戦になった場合
チェックポイント
 
第2章 袖飛車急戦 袖飛車急戦の基本
基礎トレーニング
ワンランク上の攻防
7七角型の手作り
二枚銀からの袖飛車急戦
チェックポイント
 
第3章 早石田 早石田の基本(平成版)
升田式石田流に学びたい
早石田の基本(平成版)その2
中央で動く
升田の角を応用せよ
チェックポイント
 
第4章 4手目角交換 四間飛車のように
早石田のように
飛車先保留型の攻防
角交換四間飛車のように
チェックポイント
 

・【コラム】 ▲7七桂はなぜ減ったか―持久戦編/2つの角打ち―△8九角と△6九角

◆内容紹介
いよいよ対抗形に突入!石田流ファンのための練習帳、第2弾です。対抗形は急戦編と持久戦編に分けて解説していきます。

急戦編では棒金、袖飛車急戦、早石田、4手目角交換といった居飛車の積極策を取り上げます。棒金と袖飛車急戦は角道を止めるタイプ、早石田と4手目角交換は角交換タイプと、性質の違った2種類の戦いを解説しています。これで急戦調の8割以上はカバーできます。

急戦は居飛車の狙いにはまってしまうと、目も当てられない状況になることが多いもの。きっちりと対策を知ることが大事です。本書では居飛車の狙いを解説したうえで、おすすめのさばき方、攻め手筋をこれでもかと盛り込みました。地力をつけたい方はもちろん、即戦力にもなるでしょう。さらに、手順の裏にある「どう考えてこの手を選ぶべきか」という〈根本の思想〉と一緒に語っていきますので、読み込むことで応用力もつきます。すでに石田流を指している方にとっても、きっと発見の多い一冊になるはずです。

定跡書を読んで、「頭に入ったつもりが、実は理解していなかった」ということはありませんか?本書は相振り飛車編に続き、一問一答形式を採用。ポイントの局面で立ち止まって考えることで、手順や考え方が身体に染み込んできます。

さまざまな場面で踏み込んだ攻めが炸裂しますので、読んでて気持ちよくなること間違いなし!何度でも繰り返し読み、強くさばくコツをマスターしてください。石田流はここにある!


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集・定跡習得系
[シリーズ] 
最強将棋21
[著者] 
戸辺誠
[発行年] 
2016年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 石田流を指しこなす本 【急戦編】


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved