2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■角換わり腰掛け銀最前線 いま、プロが注目する三つの指し方

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 角換わり腰掛け銀最前線 いま、プロが注目する三つの指し方
角換わり腰掛け銀最前線 いま、プロが注目する三つの指し方
zoom
マイナビ将棋BOOKS
角換わり腰掛け銀最前線
いま、プロが注目する三つの指し方
 

【著 者】 日浦市郎
【出版社】 マイナビ
発行:2015年11月 ISBN:978-4-8399-5766-7
定価:1,663円 224ページ/19cm


【本の内容】
序章 基本図まで    
第1章 先後同型 ・同型基本定跡
実戦例1 村山―豊島戦
実戦例2 渡辺明―森下戦
実戦例3 糸谷―森内戦
実戦例4 羽生―三浦戦
実戦例5 阿久津―三浦戦
実戦例6 佐々木勇―真田戦
実戦例7 渡辺明―永瀬戦
実戦例8 佐藤天―先崎戦
実戦例9 広瀬―三浦戦
実戦例10 佐藤天―村山戦
実戦例11 稲葉―中村太戦
・先後同型最前線
 
第2章 豊島新手△2四銀 実戦例12 丸山―豊島戦
実戦例13 羽生―木村戦
実戦例14 広瀬―行方戦
実戦例15 佐藤天―村山戦
実戦例16 佐々木勇―行方戦
実戦例17 丸山―羽生戦
実戦例18 三浦―渡辺明戦
実戦例19 木村―佐々木勇戦
実戦例20 永瀬―岡崎戦
実戦例21 増田康―藤原戦
実戦例22 行方―羽生戦
実戦例23 鈴木―野月戦
実戦例24 広瀬―木村戦
実戦例25 佐藤慎―渡辺大戦
・豊島新手△2四銀最前線
 
第3章 反撃の▲6四角 実戦例26 船江―渡辺明戦
実戦例27 豊島―羽生戦
実戦例28 渡辺明―羽生戦
実戦例29 渡辺明―郷田戦
実戦例30 郷田―渡辺明戦
実戦例31 畠山成―村山戦
実戦例32 松尾―木村戦
実戦例33 稲葉―渡辺明戦
・反撃の▲6四角最前線
 

◆内容紹介
角換わりの現在が手に取るように分かる!現在、トップ棋士を含め、プロ間で最も多く指されている戦型―角換わり。毎週のように新手が現れ、いまプロが何をテーマにして戦っているのかさえ分からない状況になっています。

そこで救世主となるのが本書です。本書は角換わり腰掛け銀という戦術を教えるものではありますが、これまでの定跡書のように初手から進めるものではなく、
角換わり腰掛け銀のテーマ局面を3つだけに絞り、その3つについて、プロの実戦を時系列順に追って解説していくものです。

村山―豊島戦、渡辺明―森下戦、糸谷―森内戦、丸山―羽生戦など、第一線で活躍する棋士が作り上げた棋譜を題材にしています。このような手法をとることで、いまプロが何を問題にし、どこを工夫しているかが手に取るように分かるとともに、自分で指す際にも最良の羅針盤となるはずです。

著者は日浦市郎八段。将棋ファンなら誰もが知る名著『
Zの法則』(1996)の著者で、その精密で分かりやすいタッチは本書でも健在です。角換わりの定跡に誰よりも詳しくなりたい方はもちろん、角換わりはよく分からずこれまで手を出してこなかった方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
角換わり
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
日浦市郎
[発行年] 
2015年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 角換わり腰掛け銀最前線 いま、プロが注目する三つの指し方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved