2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド

< | No.1066 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド
中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド
zoom
マイナビ将棋BOOKS
中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A-
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 高見泰地
【出版社】 マイナビ
発行:2013年8月 ISBN:978-4-8399-4820-7
定価:1,575円(5%税込) 232ページ/19cm


【本の内容】
序章 居飛車穴熊の利点    
第1章 先手一直線穴熊VSゴキゲン中飛車 第1節 VS美濃囲い編
第2節 VS振り飛車穴熊編
 
第2章 後手一直線穴熊    
第3章 実戦編    

◆内容紹介
ゴキゲン中飛車破りの決定版誕生!!

プロ・アマ問わず大流行が続いているゴキゲン中飛車。シンプルにして破壊力抜群の戦法に手を焼いている方も多いはず。ゴキゲン対策として、超速▲3七銀は知ってはいるものの、玉が薄く使いこなすのは大変です。
見よう見まねの超速は大火事の元。
そこで救世主となるのがこの一冊。その名も「中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド」。
文字通り
ゴキゲン中飛車に対して穴熊に囲って勝とうという戦法です。もともと、居飛車に穴熊に組ませないところにメリットがあったゴキゲン中飛車に対して、どうして穴熊にすることができるのか、詳しく説明しています。
この戦法のいいところは囲うまでの手順が思いのほかカンタンであること。そして囲ってしまえば非常に勝ちやすくなる、ということです。
著者の高見泰地四段は本戦法を武器に好成績をあげている若手期待の棋士。奨励会でもこの戦法を使ったときは負けた記憶がないといいます。
 
みなさんもぜひ本書をマスターして、ゴキゲン中飛車相手に白星を量産してください。


【レビュー】
中飛車vs一直線穴熊の解説書。

ゴキゲン中飛車への対策は、プロでは現在も超速▲3七銀が本流である。ただ、超速は激しい流れから持久戦まで非常に変化が多く、中飛車側の形によっても複雑な変化があって、なかなか指しこなすのが大変な戦法だ。また、▲中飛車に対しては1手の差が大きく、成立しない形も多い。

それに対して、本書の「一直線穴熊」は、「序盤でつぶされることが絶対にない」(p108)戦法であり、また先手番でも後手番でもほぼ同じ組み方ができるという、とても覚えやすい戦法である。登場した時期は超速と近いが、最近じわじわと使用者が増えてきている。

本書は、対中飛車の一直線穴熊を詳しく解説した本である。


これまでに出版された、一直線穴熊が載っている棋書は以下の通り。ほんの少し触れられているだけの本は除外している。

 2009-11 遠山流中飛車持久戦ガイド,遠山雄亮,MYCOM,第3章・第4章
 2011-12 ゴキゲン中飛車の急所,村山慈明,浅川書房,第3章2〜3
 2012-08 すぐ勝てる!先手中飛車,佐々木慎,マイナビ,第2章第2節

なお、従来の本では「一直線穴熊」という戦法名は使われていないことが多い。



各章の内容を、チャートを添えながら紹介していこう。



序章は、居飛車穴熊の利点について。本章で解説されている居飛穴の利点は、以下の通り。

 ・堅さ (例: 二枚飛車に対して受けなくてもよい場合さえある)
 ・遠さ (詰めろがかかるまでに手数がかかる)
 ・王手がかからない (→「穴熊の暴力」と表現されるような、強引な寄せも成立する)

もちろん、「逃げ場がない」などのデメリットもある。

従来、ゴキゲン中飛車に対しては「居飛穴には組みづらい」というのが常識だった。超速で相穴熊になる場合もあるが、それは中飛車側が銀対抗型を選んだ場合のみ。居飛車側から誘導するのは難しかった。

しかし本戦法では、中飛車側の形にほぼ関係なく、安心して居飛穴に組むことができて、上記の利点を生かせるわけである。


「一直線穴熊」は、通常の居飛穴と大きく違う点が2つある。

1つ目は、▲8八銀のハッチをすぐに閉めず、玉のコビンが開いた状態で組んでいくこと。通常は、居飛穴の▲8八銀は「1万円の価値がある」などと表現され、1手の価値が非常に高いのだが、「一直線穴熊」では8八を空けておくことが戦法の根幹になる。

2つ目は、右銀(▲4八銀)を玉に寄せるルートが、▲5九銀〜▲6八銀右となること。通常の居飛穴では、右銀の動きは▲5七銀〜▲6六銀(松尾流穴熊では▲6八銀)であるが、「一直線穴熊」では5五の位を取られているので、▲5七銀のルートは使わない。



第1章は、▲一直線穴熊vs△ゴキゲン中飛車。

一直線穴熊の手順を箇条書きにしてみた。なお、相手が美濃囲いの場合と、相穴熊の場合では、途中から少し違いがあるので、分けている。

〔共通〕
・まず▲7八玉〜▲5八金右と舟囲いを作る (※超速の形にはしない)
・▲6六歩〜▲6七金として、5筋歩交換を防ぐ。

 →早い△4五銀は大丈夫。次の△5六歩には対策があって、5筋は突破されない。
 →通常は「△4五銀と上がらせないこと」(p30)が大事。

〔vs美濃囲い〕
・穴熊に潜ったら、すぐにハッチを閉めず、▲3八飛と3筋歩交換を見せて、△4四角▲4六歩の交換を入れて△4五銀を防いでから、▲8八銀〜▲5九銀〜▲6八銀と固める。
・「囲い終わってから▲2八飛と戻す」(p33)
・「囲うまでは動かれないように」「囲ったらとにかく攻める」(p49)


〔vs振り穴〕
・穴熊に潜ったら、すぐにハッチを閉めず、▲8八角と引く余地を残す。
 →7筋の袖飛車攻めが来たときに、△7六歩の押さえに対して▲8八角とできるようにしておく。
  「相穴熊のときは▲8八銀はとにかく後回しで、7筋が大丈夫な時に上がる」(p59)
・「相手の出方が分かるまで穴熊に淡々と組む」(p86)
・△4四飛〜△4五飛に注意。
・▲8六角と出る手を意識しておく。
・「相手の駒組みによっては迅速に動く」(p121)


特にp24〜の「素早い△4五銀対策」、p41〜の「矢倉流中飛車型対策」、p51〜の「袖飛車対策」(→一直線穴熊のキモ)は基本となるので、しっかりと理解しておこう。




第2章は、▲中飛車vs△一直線穴熊。

穴熊への組み方は、なんと先手番と同じである。先手からの速攻が上手くいかないため、後手番でも安心して組んでよい。後手番なので先攻はしづらいが、チャンスがあれば狙ってよいし、後手番ならではの千日手狙いも可能だ。

ポイントとしては、△9四歩をなるべく指さないで済ますこと。△9四歩は、▲9五角(幽霊角)を消す「居飛車の税金」であるが、1筋方向で立ち遅れないように、可能な限り省略したいので、安易に突かないことを心掛ける。




以上のように、居飛穴に組むのは簡単なので、中飛車に対してどうしても居飛穴に組みたい人には超オススメ。中飛車殺しのスペシャリストになりたい人は、今がチャンスだ。

ただし、玉のコビンが空いていたり、相手の攻撃を浮き飛車で軽く受けたりと、従来の居飛穴戦にはない独特の感覚は必要になってくる。本書では感覚的な部分の解説も多いので、読み込んでおきたい。

基本定跡は本書で書かれているが、あるところから奥はまだ未整備。やや異感覚な部分もあり、やりがいのある戦型だと思う。

ちなみに、わたしはこの間の職団戦で中飛車側を持ってみたが、本書を読んでいたおかげで基本的な変化の読みが正確にできたし、居飛車側がやりたそうな手も察知できて、貴重な一勝を挙げることができた。中飛車側も、対策の意味で読んでおくべき一冊である。(2013Dec09)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] 
マイナビ将棋BOOKS 徹底ガイドシリーズ
[著者] 
高見泰地
[発行年] 
2013年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved