2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■羽生の法則(3) 玉の囲い方・仕掛け

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生の法則(3) 玉の囲い方・仕掛け
羽生の法則(3) 玉の囲い方・仕掛け(将棋連盟文庫)
zoom
将棋連盟文庫
羽生の法則(3) 玉の囲い方・仕掛け
[総合評価] C

難易度:★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)A
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
初級〜中級向き

【著 者】 羽生善治
【出版社】 日本将棋連盟/発行 マイナビ/販売
発行:2011年11月 ISBN:978-4-8399-4070-6
定価:1,155円(5%税込) 448ページ/16cm


【本の内容】
<羽生の法則5 玉の囲い方>
第1章 四間飛車VS居飛車
第2章 矢倉戦
第3章 そのほかの戦型
第4章 実戦アドバイス

<羽生の法則6 仕掛け>
第1章 矢倉編
第2章 振り飛車編
第3章 角換わり編
第4章 相掛かり編
第5章 横歩取り編
第6章 実戦アドバイス

◆内容紹介
将棋界を牽引し続ける第一人者羽生善治の名著「羽生の法則」シリーズの最終巻!!
本書は「羽生の法則5 玉の囲い方」と「羽生の法則6 仕掛け」を一冊の文庫にしたものです。
第1、2弾では駒別の部分的な手筋を多数紹介してきましたが、それだけでは初手から何を目指して指していいのか分かりません。本書はそのように、戦型、戦法で悩んでいる方にとって羅針盤となる一冊。
将棋の基本となる玉の囲い方、そしてそこからどう仕掛けるかという、将棋の「型」を多数紹介しています。これらをマスターすることで得意戦法が身に付き、「仮に知っている型から離れた時にでも対応することができる」と羽生二冠は言います。
羽生の法則シリーズの最後を飾るにふさわしい名著、是非熟読して、棋力アップに役立ててください。


【レビュー】
序盤の駒組みと基礎的な定跡を解説した本。

羽生の法則 Volume5 玉の囲い方』『羽生の法則 Volume6 仕掛け』(いずれも羽生善治,木屋太二協力,日本将棋連盟,2006/2007)を合本して文庫化したもの。

本の内容はオリジナル版と変わっていないので、各巻のレビューを参照してください。一冊の量が倍増してお値打ち価格になっていますが、本書の評価はオリジナル版とあまり変わりません。(2011Nov15)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 
将棋連盟文庫
[著者] 
羽生善治
[発行年] 
2011年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生の法則(3) 玉の囲い方・仕掛け


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved