2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■塚田正夫の詰将棋(将棋連盟文庫)

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 塚田正夫の詰将棋(将棋連盟文庫)
塚田正夫の詰将棋(将棋連盟文庫)
zoom
将棋連盟文庫
塚田正夫の詰将棋
 

【著 者】 塚田正夫
【出版社】 日本将棋連盟/発行,毎日コミュニケーションズ/販売
発行:2011年4月 ISBN:978-4-8399-3890-1
定価:1,050円(5%税込) 384ページ/16cm


【本の内容】
第1章 初級向詰将棋5手7手(第1問〜第40問)=40問
第2章 初級向詰将棋9手(第41問〜第84問)=44問
第3章 初級向詰将棋11手(第85問〜第135問)=51問
第4章 中級向詰将棋(第136問〜第170問)=25問
第5章 上級向詰将棋(第171問〜第183問)=13問

◆内容紹介
「作品の上では『詰将棋』とはこういうものという事を無言のうちに答えている」(まえがきより)
塚田正夫名誉十段は第2代実力制名人の大棋士ですが、詰将棋作家としても非常に有名で、その名を冠した「塚田賞」は詰将棋界の芥川賞ともいえる栄誉です。
巨匠といっても、その作品は決して難解なものではなく、多くが簡素な実戦型であり、短手数の詰将棋です。
そのまま実戦で現れてもおかしくない形ばかりですが、そこには目の覚めるような妙手と意表をつく俗手が織り交ぜられており、短い中にも「ふくみ」のある傑作がそろっています。
本書はまさに塚田流詰将棋を凝縮した内容で、繰り返し解くことにより、詰将棋の力はもちろん、読む力が自然と身についているに違いありません。
巨匠・塚田正夫が遺した183題の至宝、是非ご堪能ください。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
将棋連盟文庫
[著者] 
塚田正夫
[発行年] 
2011年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 塚田正夫の詰将棋(将棋連盟文庫)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved