2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■ひらめき次の一手 初段編

< | No.0673 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ひらめき次の一手 初段編
ひらめき次の一手 中級編 ひらめき次の一手 初段編 [総合評価] C

難易度:★★★☆

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:C
中級〜上級向き

【編】 週刊将棋 【監 修】 山崎隆之
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2006年6月 ISBN:4-8399-2123-7
定価:1,050円(5%税込) 224ページ/18cm


【本の内容】
序章 実戦次の一手=5テーマ
第1章 3択問題編=50問
第2章 力だめし編=54問

◆内容紹介(MYCOM HPより)
山崎隆之六段監修のもと、
週刊将棋の「段級位認定次の一手」初段問題から104問を精選し収録しました。前半50問は週刊将棋と同じ「3択編」で、後半はヒントだけを載せた「力だめし編」となっています。序章には山崎戦から「実戦次の一手」を収録しました。


【レビュー】
次の一手問題集。週刊将棋誌に掲載された問題をまとめたもの。

初段問題は、週刊将棋掲載時は「三択+一行ヒント」だが、本書では内容紹介にもあるように、前半は「三択あり、ヒントなし、正解率(%)表示」、後半は「三択なし、ヒントあり、難易度(5段階)表示」になっている。

どちらにしても掲載時よりやや難度アップ。ただ、第2章の冒頭(p114)には「後半のほうが難易度が高い」と書かれているが、あまり変わらない。むしろ、わたしにとっては「ヒントあり」の後半の方が解きやすかった。いずれにせよ、総合的に二段クラス並の難易度になっている感じだ。

いつもどおりのMYCOM系問題集です。(2007Dec04)

※ところで、いつもなら「初段編」が出たら続けて「二段編」〜…と来るのだが、今回は初段編で止まってしまっている。なぜ?
※2007年11月現在の週刊将棋では、初段クラス問題には一行ヒントがありません。



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
[著者] 
週刊将棋 山崎隆之
[発行年] 
2006年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ひらめき次の一手 初段編


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved