2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■電車の中で解く 二段次の一手

< | No.0674 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 電車の中で解く 二段次の一手
電車の中で解く 二段次の一手 電車の中で解く 二段次の一手 [総合評価] C

難易度:★★★☆

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:C
中級〜上級向き

【編】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年10月 ISBN:4-8399-1290-4
定価:1,000円 224ページ/18cm


【本の内容】
・はじめに
・問題編(110問)

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
本書は、週刊将棋に掲載された段級位認定次の一手問題の中から、
二段クラス問題をまとめたものです。良問、難問、奇問を織り交ぜた110題を用意しました。
掲載時の正解率から、難易度を五段階で表示しています。
ヒントを見ずに、8割以上の正解率なら、実力二段は十分にあるでしょう。


【レビュー】
次の一手問題集。週刊将棋誌の「段級位認定次の一手・二段コース」に出題されたものを撰集したもの。80%以上正解なら二段認定。

二段問題は初段以下の問題と違って、もともと選択肢がない。本書も選択肢はなし。一方、ヒントは割と充実している。「週刊将棋」掲載時は一行だったのが、状況説明から考え方の方針まで、50〜60文字程度に増量している。そのため、「ヒント増量、but選択肢削除」で実質的に難度が上がっていた『お昼休みに解く初段次の一手』と違って、本書ではむしろ少し易しくなっている。実質的な難易度は同じくらいだと思う。

他のおまけ要素は特になく、難易度表示(5段階)のみ。解説もいつもどおりの淡白さだ。なお、『お昼休み〜』では「次の一手の解き方」が掲載されていたが、本書にはない。その分、問題が4問多くなっている。(2007Dec08)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
[著者] 
週刊将棋
[発行年] 
2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 電車の中で解く 二段次の一手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved