2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■矢倉道場 第六巻 続・森下システム

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 矢倉道場 第六巻 続・森下システム
矢倉道場 第六巻 続・森下システム
zoom
東大将棋ブックス
矢倉道場 第六巻
続・森下システム
 

【著 者】 所司和晴
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2003年11月 ISBN:4-8399-1292-0
定価:1,260(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 基本図までの駒組み    
第2章 ▲1六歩に△1四歩型 ・△1四歩に▲4六歩型
・△1四歩に▲1七香型
 
第3章 ▲1六歩に△5五歩型 ・△5五歩に▲6五歩型
・△5五歩に▲5五同歩型
 
第4章 ▲2六歩に△7三銀型 ・▲6五歩に△4二角型
・▲6五歩に△7三角型
 
第5章 ▲4六歩に△2二銀型    
第6章 ▲8八玉に△9五歩型    
第7章 △4四歩に▲3八飛型    

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
矢倉の主流戦法といえば「▲4六銀・3七桂戦法」が思い浮かぶであろう。「△5二金型スズメ刺し」が登場してから「森下システム」は一時表舞台から姿を消した。しかし定跡は進化する。対スズメ刺しにも戦えることがわかったのだ。定跡伝道師こと所司和晴六段が渾身の研究で「森下システム」の基本形に迫った。本書を読まずに矢倉は語れない。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
矢倉
[シリーズ] 
東大将棋ブックス
[著者] 
所司和晴
[発行年] 
2003年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 矢倉道場 第六巻 続・森下システム


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved