2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦心理 勝負の視点V

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦心理 勝負の視点V
実戦心理 勝負の視点V
zoom
実戦心理
勝負の視点V
 

【著 者】 青野照市
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2002年8月 ISBN:4-8399-0816-8
定価:1,300円 247ページ/19cm


【本の内容】
第1章 勝敗の岐路(自力と他力の綾/対振り飛車急戦は進歩したか/ほか)
第2章 進化する技術(観戦者と対局者の相違/定跡は進化する/ほか)
第3章 棋士のため息(美学に殉じた棋士/対極の天才/ほか)
第4章 プロであること(九年ぶりのA級復帰/ネット時代の将棋ファン/ほか)

◆内容紹介
実戦は人間臭いところで決まる-。勝負どころでプロはどう読み何を考えるのか。理論家青野九段が盤上技術と勝負師心理を解析し、勝敗の分岐点を探る。1999年刊「勝敗を分けるもの」に続く評論・エッセイ集の第3弾。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】
 『
勝負の視点─研究と実戦の間
 『
勝敗を分けるもの─勝負の視点II

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
青野照市
[発行年] 
2002年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦心理 勝負の視点V


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved