2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■5級からの詰将棋81

< | No.0653 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 5級からの詰将棋81
5級からの詰将棋
zoom
5級からの詰将棋81 [総合評価] C

難易度:★★★☆

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:
解説:C
中級〜向き

【著 者】 佐藤康光
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2007年4月 ISBN:978-4-8197-0172-3
定価:1,050円(5%税込) 199ページ/17cm


【本の内容】
第1章 ストレッチ編 5手詰=20問  
第2章 基礎体力編 5手詰=15問/7手詰=5問  
第3章 ジョギング編 7手詰=20問  
第4章 筋肉トレーニング編 7手詰=10問/9手詰=11問  
第5章 上達の秘訣(エッセイ) 5級の頃/悩んだ問題/思い出の作/解き方のコツ 9p

・【棋の心】(佐藤康光の揮毫について)気概/流麗/道在邇/意自如/研鑽/天衣無縫
・【ワンポイントレッスン】打ち歩詰め/焦点/持ち駒
・【写真コラム】三歳/美容室/パスタ/野球/ゴルフ/バイオリン/蘇州/田中魁秀一門/竜王戦北京対決

◆内容紹介
初級者・中級者が初段を目指すための上達本、それが「5級からの詰将棋81」です。詰将棋81題のほか、レアなコラムのほかにワンポイントアドバイス、上達の秘訣とこれまでの詰将棋本にはない内容となっています。


【レビュー】
詰将棋問題集。

「週刊ゴルフダイジェスト」に出題した問題をまとめたもの。5手詰〜9手詰の詰将棋が計81問。その他、佐藤康光のエッセイや写真、揮毫の解説などのページがある。

詰将棋の難易度や感触は結構バラバラに感じた。1秒で解けた9手詰もあれば、5手詰でもかなり見えにくい問題も。スッキリと手筋で詰ます問題があるかと思えば、重たい重ね打ちもあったり…。意外と、最近の佐藤の棋風を反映しているのかも(笑)。まえがきで「創るのは苦手」と言っているが、問題の質自体はまずまずだと思う。

ただ、解説の方はあまり良くない。1問につき図面2枚と100文字程度の解説が付いているが、「○○が好手であとは手筋の詰め上がりです」的な解説が多く、失敗手順や変化手順の解説がほとんどない。わたしの場合は、正解手順は詰ませても変化手順で苦戦したものがいくつかあった。(今でもモヤッとしたまま放置してしまっている)

また、ボリュームがかなり物足りない。このタイプの詰将棋問題集は100問以上が普通だが、本書は「佐藤康光は今が旬」ということで、問題数が足りないのをエッセイでページを埋めて、無理やり出版した感じがある。エッセイはファンなら面白いのであってもいいが、1000円取るなら最低100問はそろえていただきたい。

タイトルが「5級からの〜」となっているが、一般的な5級では少しつらいと思う(解説も少ないし)。「道場初段からの〜」または「24で5級からの〜」が妥当だろう。(2007Aug25)

※p198の「解き方のコツ」に「駒はなるべく取らない」と書いているのに、駒取り問題も何問かあった。康光先生、少しイジワルですね(笑)。



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
佐藤康光
[発行年] 
2007年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 5級からの詰将棋81


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved