2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■第五期 竜王決定七番勝負 激闘譜

< | No.0178 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第五期 竜王決定七番勝負 激闘譜

zoom
第五期竜王決定七番勝負
激闘譜
谷川浩司──羽生善治
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
中級以上向き

【編 者】 読売新聞社
【出版社】 読売新聞社
発行:1993年3月 ISBN:4-643-93018-7
定価:1,456円 206ページ/19cm


【本の内容】
【竜王】谷川浩司  【挑戦者】羽生善治棋王 (奪取)
 

先−後

戦型 観戦記  
第1局 ●羽生−谷川○ 相掛かり相腰掛銀 山田史生 19p
第2局 △谷川−羽生△ 相矢倉△矢倉中飛車 山帰来 17p
第2局 ●羽生−谷川○ 相矢倉▲森下システム 陣太鼓 21p
第3局 ●谷川−羽生○ 相矢倉▲3七銀 小田尚英 19p
第4局 ○羽生−谷川● 相矢倉▲4六銀 青島たつひこ 21p
第5局 ●谷川−羽生○ 角換わり同型腰掛銀 19p
第6局 ●羽生−谷川○ 相矢倉▲3七銀 武者野勝巳 21p
第7局 ○羽生−谷川● 角換わり相腰掛銀 木村義徳 21p

・「竜王位を手にして」(竜王 羽生善治)=4p
・挑戦者決定三番勝負=7p(3局)(羽生善治-佐藤康光|佐藤-羽生|羽生-佐藤)
・竜王戦ランキング戦ハイライト=9p(4局)
(羽生善治-村山聖(準決勝A)|佐藤康光-脇謙二(準決勝B)|中原誠-羽生(一回戦)
・コラム(プロローグ|イギリスの印象|千日手|北陸の気候|ゲーム|パソコン|英会話|控室へ|エピローグ)
・決勝トーナメント表
・第5期竜王戦 各組インフォメーション


【レビュー】
竜王戦の観戦記。読売新聞に掲載された観戦記から主要なものをピックアップ。今期は七番勝負のみを収録。

また羽生が帰ってきた。いくら強いとはいえ、トーナメント形式の棋戦でこうも勝ち上がってこれるのはすごい(一敗もできないわけではないが…)。今期は居飛車のオールラウンダー同士なので、横歩取りを除く相居飛車シリーズとなった。2連勝で谷川が先行し、羽生が3連勝で追い上げるという、奇しくも第2期と同じ展開で羽生が竜王を奪取した。

両者の調子は決してよくなかった。谷川は終盤でキレがないこともあったし、羽生にもミスがいくつかあった。両者ともお互いを意識しすぎていたのだろうか、わずかだが指し手に堅さを感じた。

気になったのは第2局(指し直し局)の観戦記。これは△矢倉中飛車で千日手になった末の指し直し局であるが、羽生が5手目に▲6六歩を突いたのを「なにやらいわくありげな」「」「策を凝らして」「意図が分からない」としきりに疑問視している。確かに従来は矢倉戦の5手目は▲7七銀だったが、すでに▲6六歩の方が主流になってきた時代である(矢倉中飛車などを警戒する意味)。分からないのなら、控室のプロ検討陣に訊くのが記者の務めだと思う。陣太鼓氏の文章はいつも読みやすいが、今期は内容の物足りなさに少々不満を感じた。(2003May25)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(竜王戦)
[シリーズ] 竜王決定七番勝負
[著者] 
読売新聞社
[発行年] 
1993年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第五期 竜王決定七番勝負 激闘譜


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved