2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦 詰将棋を楽しむ

< | No.0528 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦 詰将棋を楽しむ
実戦詰将棋を楽しむ
zoom
頭の体操
実戦 詰将棋を楽しむ
詰将棋は将棋の上達、特に終盤の力を養います
[総合評価] B

難易度:★☆
 〜★★★★

(〜100問)見開き2問
(101問〜)見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A(2色刷)
解答の裏透け:A
解説:A
初級〜向き

【著 者】 大内延介
【出版社】 日東書院
発行:2003年11月 ISBN:4-528-01511-0
定価:950円 218ページ/19cm


【本の内容】
・詰将棋=計150問
持ち時間1分 30問 1手詰=10問/3手詰=20問
持ち時間5分 50問 5手詰=20問/7手詰=30問
持ち時間10分 70問 9手詰=40問/11手詰=15問/13手詰=8問
/15手詰=4問/17手詰=2問/19手詰=1問

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
(前略)詰将棋が得意という人は「終盤が強い」ということなので、苦手な人はぜひとも詰将棋をたくさん解いて、終盤のレベルアップに役立ててほしいものです。
本書では初段を目ざす人のために、実戦に強くなれる詰将棋を150題選んでみました。数多く解いているうちに初段の実力がついてくるはずです。


【レビュー】
詰将棋問題集。

1手詰から19手詰まで150問。全150問中、実戦型(玉方の桂か香が初期配置)は79問(53%)。もっとも、実戦に出そうな形はあまり多くない。また、全体的に大駒が活躍する問題が多め。

前半の第100問までは見開き2問になっていて、問題のページに制限時間と一行ヒント、解答がわに棋力判定。一番易しいもので「1分で5級」、最後の方は「10分で三段」になる。難度は標準的で、Lv.4〜Lv.6といった感じ。解答が考え方重視で非常に詳しくなっているのが良い。

後半の第101問からラストまでは見開き1問。5行程度のヒントが追加されている。手数が9手以上とやや長めになってくるが、あまり解説の量は増えていない。もっとも、このレベルが解ける人にはあまり細かい解説は不必要かな?

棋力向上用の詰将棋本としては、十分及第点。ただ、対象棋力が広すぎるのはちょっと微妙な感じ。(2005Oct05)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
大内延介
[発行年] 
2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦 詰将棋を楽しむ


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved