2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■米長流 速攻居飛車

< | No.0501 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 米長流 速攻居飛車
米長流 速攻居飛車
zoom
一手決断☆将棋戦法(9)
米長流 速攻居飛車
[総合評価] C

難易度:★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級〜上級向き

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 筑摩書房
発行:1986年8月 ISBN:4-480-67009-2
定価:780円 206ページ/18cm


【本の内容】
T 相掛かりの新戦略 (1)序盤のポイント
 /後手の歩損作戦/米長流の勝負観/
(2)徹底トレーニングT・U
 /新しい▲4五銀戦法/
70p
U 矢倉の新戦術 (1)新しい矢倉の考え方
 /一手一手の積み重ね/自由にのびのびと/
(2)徹底トレーニングT・U
 /発想は自由に/
66p
V 速攻居飛車激闘譜 2局
(1)米長vs中原(第24期十段戦第5局),相掛かり相腰掛銀
(2)中原vs米長(第24期十段戦第7局),相矢倉△米長流急戦
68p

◆内容紹介(表紙より)
鬼才が説く最強の勝負哲学。爽快に決める相掛かりとスピードで勝つ最新矢倉─奇略縦横の攻める居飛車。


【レビュー】
相掛かり腰掛銀と矢倉の解説書。基本的に、第24期十段戦(米長vs中原)を中心とした実戦解説形式。

目次だけみると2種類に見えるが、実際は4つの戦法を扱っている。

第1章は相掛かり。相腰掛銀に出る前に▲4五銀と出る(左図)のが新工夫の一手。一見速攻を狙っているようだが、△6五歩と形を崩させて後手の無理攻めを誘うのが真の狙い。最近流行したUFO銀と似た思想である。また、第1章後半では相腰掛銀(右図)を解説。
相掛かり▲4五銀 相掛かり相腰掛銀

第2章は矢倉。矢倉▲3七桂からの進展で、左図で▲7六金と上がる(左下図)のが新構想。このあと、先手は6筋7筋の位を奪回されてぺしゃんこにされるが、そこで穴熊に組み替えて位の圧力を緩和する、という遠大な構想だ。また、第3章の2局目では米長流急戦矢倉(右下図)を解説。

矢倉の新構想 △米長流急戦矢倉

タイトルでは「速攻」となっているが、メインの相掛かり▲4五銀と矢倉▲7六金は「早めにちょっかいを出し、相手の駒組みを制限したあと受けに回る」という感じ。本書が狙っている層(アマ初段前後)が指しこなすのはかなり難しいと思う。構想そのものより米長の中終盤が際立っているため、あまり真似しない方がいいだろう。

本書では定跡を期待するより、「感覚を読み取る」つもりで読み進めるべし。(2005Jul09)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書(居飛車)
[シリーズ] 
一手決断☆将棋戦法
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1986年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 米長流 速攻居飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved