2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■必勝!! 同型将棋破り

< | No.0217 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 必勝!! 同型将棋破り

zoom
屋敷伸之の忍者将棋
必勝!! 同型将棋破り
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
初級〜上級向き

【著 者】 甲斐栄次 【監 修】 屋敷伸之
【出版社】 高橋書店
発行:1993年5月 ISBN:4-471-13141-9
定価:971円 207ページ/19cm


【本の内容】
プロローグ 同型将棋のすすめ 2p
(1)相中飛車 (2)角換わり相棒銀 (3)角換わり相早繰り銀
(4)角換わり相腰掛銀(木村定跡) (5)角換わり相腰掛銀(升田定跡)
(6)相掛かり相腰掛銀4八金型 (7)相掛かり相腰掛銀5八金型
(8)相石田 (9)相向飛車相腰掛銀 (10)相総矢倉 (11)同型矢倉4七銀
(12)相矢倉脇システム (13)相矢倉角交換型
カタログ編 15p
攻略講座編 183p

◆内容紹介
どんな戦型でも悠然と相手と同型に組み上げるのが同型将棋。そうした中から13の型を取り上げ、手筋の基本を理解できるよう、部分図を多く用い、わかりやすく解説する。


【レビュー】
先後同型の将棋のみを集めて解説した定跡書。“先後同型”なので、戦型は相居飛車と相振飛車に限られている。

先後同型はなかなか面白いテーマ。アマ級位者ではしょっちゅう出現しそうな相中飛車、相棒銀、相早繰り銀などから、本格的でプロでも結論が用意に出ない戦型までを網羅している。個人的には、木村定跡をかなり丁寧に解説してあるのが良かった。

各テーマでは、まず、その後の展開に出てくる手筋を部分図で解説。次に本筋の変化例を紹介し、最後に形勢が傾かないための修正案を「One Point Advice」として記している。この構成が上手いので、中級者くらいの方でも難しい同型腰掛銀や同型矢倉をかなり理解できる。ちなみに同シリーズの「中終盤!!カラクリ将棋」なども同じ構成。

おそらく類書がないので、有段者でも一度は読んでみてほしい。ただし変化は浅めなので、飽きるのは早いかも。図書館で借りるのがオススメ。個人的評価としてはAでも良かったんですが、そう何度も読む本ではなさそうなので、苦吟の末Bとしました(^-^; (2003Aug31)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 
屋敷伸之の速攻将棋
[著者] 
甲斐栄次
[発行年] 
1993年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 必勝!! 同型将棋破り


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved