2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■中終盤!! カラクリ将棋

< | No.0107 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中終盤!! カラクリ将棋
屋敷伸之の忍者将棋
中終盤!! カラクリ将棋
[総合評価] B

難易度:★★

図面:見開き4〜6枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:B
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 甲斐栄次 【監 修】 屋敷伸之
【出版社】 高橋書店
発行:1991年12月 ISBN:4-471-13138-9
定価:971円 207ページ/19cm


【本の内容】
第1章 中盤のカラクリ編 88p
第2章 終盤のカラクリ編 112p

実戦譜=12(総譜つき)
※相掛かり4、横歩取り3、相矢倉2、その他3

◆内容紹介
常識を超える着想、果敢な決断、不死島のごとき生命力を持つ屋敷将棋を解剖。実戦を基本形に分解し、本譜の観賞の前に、部分図であらかじめ"カラクリ"を垣間見る。


【レビュー】
観戦記者による棋譜解説書。普通、有段者クラスの棋力がないとプロ棋譜を鑑賞するのは難しい。しかしこの本では、中級者クラスでもトッププロの棋譜を楽しめるようになっている。

構成はこんな感じ。まず、一局のハイライトシーンを軽い文章で紹介。次に、解説中で現れる局面を部分図にして、手筋を解説。その後、棋譜の中盤と終盤の部分に絞って解説してある。そして最後に"カラクリ封じテクニック"として、本譜の順を避けるにはどうすれば良かったか(つまり、感想戦部分)が書かれている。

文章がポップなのでとても読みやすい。載っている手筋は数は少ないが、なかなか実戦的なものが多くて役に立ちそうだ。最初は「変な本だ」と思ったが、読み進めるうちに「案外いい本かもしれないなぁ」と考えが変わった。

ちなみに、掲載されている将棋が指されたのは'89〜'91で、屋敷が史上最年少タイトル保持者(18歳で棋聖)になった時代。(2002Oct27)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦解説
[シリーズ] 
屋敷伸之の速攻将棋
[著者] 
甲斐栄次
[発行年] 
1991年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中終盤!! カラクリ将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved