2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■次の一手「仕掛け」

< | No.0002 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 次の一手「仕掛け」
次の一手「仕掛け」
zoom
次の一手「仕掛け」 [総合評価] B

難易度:★★☆

図面:見開き3枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
初心〜中級向け

【著 者】 桐山清澄
【出版社】 創元社
発行:1989年5月 ISBN:4-422-75021-6
定価:850円 204ページ/19cm


【本の内容】
・次の一手=計100問
第1問→第42問 矢倉戦法の仕掛け
第43問→第67問 対振り飛車戦法の仕掛け
第68問→第76問 振り飛車戦法の仕掛け
第77問→第100問 その他の戦法の仕掛け(ひねり飛車戦法・右玉戦法・相振り飛車戦法)

◆内容紹介
将棋における最初の山場、それが「仕掛け」である。歩とのコミュニケーションによって、先に攻めこんでいくタイミングをはかろう。仕掛けどき、仕掛けどころの手筋を知り、縦横に使いこなして勝負の感覚を養う、これが勝つための第一歩だ。次の一手問題で、楽しみながら実戦に役立つ、仕掛けのポイントを覚えよう。


【レビュー】
次の一手問題集。

いろいろな形からの仕掛けを、次の一手形式で解説。桐山九段の解説が分かりやすいのが○。

本来、仕掛ける(たいていは歩を突っかけていく)以上は、ある程度先の局面まで想定しておく必要があるが、級位者クラスだとなかなか難しい。そのため本書では、仕掛けから優勢になるまでを数問に分割してあり、長い手順でもついていくことができる。反面、1問だけでは局面がはっきりしないため、ポイントがややつかみにくくなっている感じはある。「完全に読みきる」というよりは「仕掛けからの流れをつかむ」感じで読み進めていくといいだろう。

この「次の一手」シリーズは1,2と3,4で難易度がまったく違うので注意が必要だ(3,4は難しい)。(2002)



【関連書籍】

[ジャンル] 
仕掛けの手筋
[シリーズ] 
実力養成100問 次の一手
[著者] 
桐山清澄
[発行年] 
1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 次の一手「仕掛け」


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved