2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■谷川流攻撃将棋

< | No.0231 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川流攻撃将棋

zoom
LET'S PLAY SHOGI
谷川流攻撃将棋
自戦記
[総合評価] C

難易度:★★★★☆

図面:見開き2〜4枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き

【著 者】 谷川浩司
【出版社】 成美堂出版
発行:1987年1月 ISBN:4-415-04641-X
定価:874円 175ページ/19cm


【本の内容】
自戦記=12局


【レビュー】
谷川浩司の自戦記集。1984年10月〜1986年3月の公式戦から12局を厳選したもの。対戦相手はA級棋士が多く、中でも中原は4局を占める。

上記時期は、名人失冠前後の1年半に相当する。このころは谷川将棋にある変化があった時期で、本書に収録されている棋譜からも、やや“迷い”が感じられた。本書のタイトルは「攻撃将棋」だが、将棋の内容は我慢を重ねて勝利に結びつけたものが多く、「攻撃将棋」とはいえないようだ。谷川自身も「大げさではなく、谷川浩司の苦闘の記録といえる。」(まえがきより)と言っている。

自戦記・解説は丁寧で詳しい。ただし、図面のレイアウトがいまいちで、一部の変化が長すぎるのはマイナスポイント。量もやや物足りない。『谷川浩司全集シリーズ』の限定ダイジェスト版という感じか。(2003Oct26)



【関連書籍】

[ジャンル] 
自戦記
[シリーズ] LET'S PLAY SHOGI
[著者] 
谷川浩司
[発行年] 
1987年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 谷川流攻撃将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved