2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実戦7手・9手の詰将棋 初段

< | No.0539 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦7手・9手の詰将棋 初段
実戦7手・9手の詰将棋
zoom
ポケット版・将棋シリーズ(13)
実戦7手・9手の詰将棋 初段
寄せに強くなる120題にチャンレンジ!
[総合評価] B

難易度:★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
中級〜上級向き

【監 修】 森下卓
【出版社】 成美堂出版
発行:2003年1月 ISBN:4-415-02211-1
定価:680円 255ページ/16cm


【本の内容】
・詰将棋=120問+1問(裏表紙)
第1章 7手詰の基本問題 20問
第2章 7手詰の実戦問題 30問
第3章 9手詰の基本問題 20問
第4章 9手詰の実戦問題 30問
第5章 7手・9手詰実力テスト 19問

◆内容紹介
本書は7手詰と9手詰だけの問題を集めた詰将棋問題集。初段レベルの実戦問題を中心に120題収録している。


【レビュー】
7手・9手限定の詰将棋問題集。

「3手詰、5手詰なら解けるけど、7手詰になるともう…」という方は結構多い。確かに、3手詰や5手詰に比べて、7手詰になると平均的な難度は上がる。ただし、手数から感じるほどには難しくならない。妙手率の高い3手5手よりも、7手9手は「離し角を打って角成まで」とか「金を寄せる」といった、「実戦的な手段」が多くなるのだ。つまり、ある程度3手5手に慣れたら、7手9手クラスをたくさん解く方が実戦の詰め力は上がると思う。

本書では、そういう7手詰・9手詰に限定。「基本問題」と「実戦問題」に分けてあるが、形も難度もだいたい同じ(「実戦問題」に実戦型が多いとか、実戦譜から取材しているわけでもない)。合駒請求問題がいくつかあるものの、全体的に間口が狭くて考えやすい問題がほとんどだ。

制限時間はだいたい3分〜7分で、短め。アマの実戦では最終盤で10分も15分も考えることはないのだから、ちょうどいい時間設定だと思う。制限時間は難度表示の意味があるので、気になる人は見ないようにしよう。

問題数は121問と平凡、解説も平凡だが、対象棋力をはっきり絞っているところに好感が持てる。初段を目指している人のチャレンジ用、二段・三段クラスのトレーニング用にぴったり。

第4章-問題2は、作意は9手詰だが、易しい早詰めあり。(5手詰)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] ポケット版・将棋シリーズ
[著者] 
森下卓
[発行年] 
2003年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦7手・9手の詰将棋 初段


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved