2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋連盟が甦った日

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋連盟が甦った日
将棋連盟が甦った日
zoom
三一将棋シリーズ
将棋連盟が甦った日
 

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 馬場信浩
【出版社】 三一書房
発行:1988年7月 ISBN:4-380-88238-1
定価:1,200円 222ページ/19cm


【本の内容】
駒師佐吉/くすぶりの竜/将棋連盟が甦った日/カラタタキの秘密/贅沢な凶器

◆内容紹介(あとがきより抜粋)
山口瞳氏の著書の中に、芹沢九段が、自分はもう名人にはなれないのではないかと思い、いきなり落涙するシーンが書かれてある。このくだりを読むと私は何時も涙がこみあげてくる。先を見てしまった男の悲哀が側側と胸を打つからである。(中略)先の見えてしまった男達の悲劇を見たとき、私はむしょうに将棋小説が書きたくなるのである。ここに採録されたものは強烈な衝動に突き上げられて書いたものばかりである。(後略)


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
三一将棋シリーズ
[著者] 
馬場信浩
[発行年] 
1988年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋連盟が甦った日


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved