2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新対局日誌 第四集 最強者伝説

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第四集 最強者伝説
新対局日誌 第四集 最強者伝説 新対局日誌 第四集
最強者伝説
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 河出書房新社
発行:2001年12月 ISBN:4-309-61434-5
定価:1,600円 273ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
春の陣 勝ち方の流儀
夏の陣 時代の覇者
秋の陣 将棋観のゆらぎ
冬の陣 降級点の恐怖

◆内容紹介
バブルがはじけ、ベルリンの壁が崩壊した一九八九年、棋界もまた稀に見る激動を体験する。大山会長が退陣し、羽生が頂点に踊り出た。棋界の地殻変動はいよいよここに本格化する。その大巨人と超新星が生涯に一度だけ戦った本当の「勝負将棋」とは?そこで放たれた最高級の名手とは?その他、天才・加藤の史上最大級の痛ましいポカ、降級点を食らった棋士をおちょくる関西の強面など、将棋ファンならぜひとも記憶にとどめておきたいエピソードが満載。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
新・対局日誌
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
2001年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第四集 最強者伝説


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved