2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新対局日誌 第三集 十年後の将棋

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第三集 十年後の将棋
新対局日誌 第三集 十年後の将棋
zoom
新対局日誌 第三集
十年後の将棋
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 河出書房新社
発行:2001年9月 ISBN:4-309-61433-7
定価:1,600円 270ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
春の陣―三十代棋士の頑張り
夏の陣―十年後のタイトル戦
秋の陣―投げない精神
冬の陣―幸せをつかみそこねて

◆内容紹介
将棋界はさらなる激変にみまわれる。超大型棋戦・竜王戦が創設され、初代竜王に島朗が輝いた。大豪米長を4タテにしての載冠は世代交代を実感させた。羽生・村山・佐藤・森内ら新世代の才能が華やかに開花する。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
新・対局日誌
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
2001年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第三集 十年後の将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved